中部電力|中部グリーン電力基金 - 再生可能エネルギーへの取り組み

再生可能エネルギーへの取り組み 中部グリーン電力基金

中部グリーン電力基金事業の終了について

中部グリーン電力基金事業の終了について。平素は、中部グリーン電力基金に格別のご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。当基金は、2000年10月に民間による自然エネルギー普及促進を目的として設立され、皆さまからの寄付金と中部電力からの寄付金を助成原資とし、太陽光発電など自然エネルギー発電設備への助成を行ってまいりました。おかげさまで、ご寄付をいただいた金額はこれまでの約11年間の累計で約1億4千万円、自然エネルギー発電設備への助成は153件・約1.7万kWに達し、中部地域における自然エネルギーの普及に大きく貢献できたものと考えております。一方で、自然エネルギーの普及促進に関しましては、2009年11月より「太陽光発電の余剰電力買取制度」がスタートし、また本年8月26日には「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」が成立するなど、自然エネルギーの普及促進にかかる費用を国民全体で負担するという新たな段階に入りました。こうした状況に鑑み、当基金はこれまでの長年にわたる活動を通じ、所期の役割を果たすことができたと判断し、2012年度をもって事業を終了することといたしました。事業終了に向けた具体的な取扱いにつきましては、以下に記載しておりますのでご確認ください。これまでの多大なるご協力に、重ねて厚く御礼申し上げます。2011年10月。財団法人中部産業・地域活性化センター(CIRAC)。中部電力株式会社。

今後の取扱いについて

2012年度助成事業について

皆さまからいただいた2011年度分の寄付金と中部電力からの寄付金を合わせ、学校での環境教育用発電設備に限定して実施する予定です。

助成対象設備設置者の皆さまへ

すでに締結済みの助成契約につきましては、契約期間満了まで有効に継続いたしますので、発電電力量および活動実績報告は引き続きご提出願います。

中部グリーン電力基金についてのお問い合わせ先

公益財団法人 中部圏社会経済研究所
総務部
〒460-0008
名古屋市中区栄四丁目14番2号 久屋パークビル3階
Tel:052-221-6421
E-mail:criser@criser.jp