中部電力|畑薙第一発電所 - 中部電力の水力発電所

中部電力の水力発電所 畑薙第一発電所

世界最高の中空重力式コンクリートダム

畑薙第一ダムは、大井川最上流部に建設された世界で最も高い、高さ125mの中空重力式コンクリートダムです。
また、下流の畑薙第二ダムとともに当社で初めての混合揚水式発電をおこなうダムとして建設されました。
畑薙第一発電所は、ダムの内部にあってダムからの放流水が建屋上を流れるという特徴のある構造で、山間地の狭隘な地形の中で経済的な設計を採用しています。

畑薙第一ダム

畑薙第一ダムの写真

畑薙第一発電所発電機室

畑薙第一発電所発電機室の写真
運転開始 2号機:1962年9月
3号機:1962年11月
出力 86,000kW
最大使用水量 100.00m3/s
有効落差 101.70m
よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら
  • 新しいウィンドウを開きます:環境への取り組み