中部電力|東河内発電所 - 中部電力の水力発電所

中部電力の水力発電所 東河内発電所

維持流量放流を利用した小水力発電

大井川水系大井川の畑薙第二ダムは、1989年(平成元年)の水利権更新に伴って、河川維持流量の放流が義務づけられ、ダム直下に0.55m3/sの流量を放流してきました。
東河内発電所は、この維持流量放流を活用した出力170kWの小水力発電所で、2001年(平成13年)に運転開始しました。
維持放流設備である放流管の先端部に水車発電機を取付け、河川維持放流量を放流すると同時に水の持つエネルギーを無駄なく電気エネルギーとして回収できるようにしました。
一方、水車発電機は海外調達(ドイツ)し、代理店を介さない直接購入によりコスト削減を図りました。

(注)維持放流:通常、水力発電でダムをせき止める場合、下流の河川環境に配慮してダムの手前から常時、一定量の水が下流に放流されている。これを「河川維持放流」という。

東河内発電所(写真円内)

東河内発電所の写真

東河内発電所発電機室

東河内発電所発電機室の写真
運転開始 2001年2月
出力 170kW
最大使用水量 0.55m3/s
有効落差 40.62m
よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら
  • 新しいウィンドウを開きます:環境への取り組み