中部電力|馬瀬川第一発電所 - 中部電力の水力発電所

中部電力の水力発電所 馬瀬川第一発電所

世界最大級の斜流ポンプ水車

馬瀬川第一発電所は、発電・治水・用水など、多目的利用の岩屋ダムを上池、馬瀬川第二ダムを下池とする揚水発電所です。岩屋ダムから、335m3/sの水を取入れて発電し、最大出力は28万8,000kWです。
この発電所に採用した斜流形ポンプ水車は、1ユニットあたり14万9,000kWで、斜流形ポンプ水車の出力として世界最大です。

馬瀬川第一発電所発電機室

馬瀬川第一発電所発電機室の写真

馬瀬川第一発電所 斜流ポンプ水車(下部から望む)

馬瀬川第一発電所 斜流ポンプ水車の写真
運転開始 1号機:1976年7月
2号機:1976年6月
出力 288,000kW
最大使用水量 335.00m3/s
有効落差 99.60m
よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら
  • 新しいウィンドウを開きます:環境への取り組み