中部電力|奥美濃発電所 - 中部電力の水力発電所

中部電力の水力発電所 奥美濃発電所

国内最大級の純揚水式発電所

奥美濃発電所は、長良川および揖斐川の源流部に有効貯水量900万m3の上部・下部の調整池を設け、この間の有効落差485.75mを利用して、延長2.5kmの水路に375m3/sの水を導水して発電をおこなう純揚水式発電所です。
最大出力150万kWで、1995年(平成7年)に運転を開始した当時は、国内最大でした。

上大須ダム(下部貯水池:ロックフィルダム)

上大須ダムの写真

川浦(かおれ)ダム(上部貯水池:アーチダム)

川浦(かおれ)ダムの写真

奥美濃発電所発電機室

奥美濃発電所発電機室の写真
運転開始 1・2号機:1994年7月
3・4号機:1995年3月
5・6号機:1995年11月
出力 1,500,000kW(25万kW×6台)
最大使用水量 375m3/s
有効落差 485.75m