中部電力|安全への取り組み - 水力発電について

水力発電について 安全への取り組み

水難事故防止対策

水力発電所では、水難事故防止のために、さまざまな対策を実施しています。

サイレンによるお知らせ

ダムから水を放流する時は、サイレンなどによりお知らせします。
サイレンは、魚つりなどで河川内に立入っている方に対して、避難を呼びかけるものです。また、定期的に注意喚起の放送もおこなっています。

下のリンクをクリックすると注意喚起放送が聞けます。
(注)もう一度クリックすると停止します。

活動紹介ビデオ「森への招待状」をご覧いただくためには、JavaScriptの有効設定と、最新のAdobe Flash Playerが必要です。下記よりダウンロードしてください。

Adobe Flash Playerダウンロード(新しいウィンドウを開きます)
(再生時間:50秒)
サイレン(放流警報局)の写真

サイレン(放流警報局)

立札の写真

河川法で定められた立札

水難事故防止PR

水難事故防止PRとして、看板およびのぼりを設置しています。
子ども達が川で遊ぶ機会が多くなる夏休みの前に、小学校に出向いて水難事故防止PRなどをおこなっています。
(注)地域によって注意喚起放送・看板・のぼりなど、PR方法が異なります。

水難防止PR用看板の画像

水難防止PR用看板(一例)

水難防止PR用のぼりの写真

水難防止PR用のぼり(一例)

水難事故防止訓練

河川内に立入る方の人身災害を防止するために、水難事故防止訓練を実施しています。当社単独で訓練をおこなうだけではなく、市町村、警察署、消防署など、地元関係機関と合同の訓練も実施しています。
(注)地域によって取組方法が異なります。

訓練状況

「降雨による出水により、中州に釣り人が取り残された」などのケースを想定して、訓練が実施されます。

訓練状況の写真
よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら
  • 新しいウィンドウを開きます:環境への取り組み