中部電力|ダムの種類 - 水力発電のしくみ

水力発電のしくみ ダムの種類

重力ダム・中空重力ダム

「重力ダム」は、ダム自体の重みで各種の外力に耐えるダムで、滑り出すことや倒れることに対して安全性が高いため、地震の多い日本に適し、日本のダムの約90%はこの形式です。
「中空重力ダム」は内部が空洞になっているもので、重力ダムに比べてコンクリートを使う量を減らすことはできますが、強度を保つため、複雑な構造となっています。

【図解】中空重力ダム

アーチダム

水圧を両岸の岩盤で支えるように、アーチ型にダムを築いたものです。ダムの厚さが薄くて済むため、コンクリートなどの材料が少なくて済みます。しかし、アーチ作用がダムの両岸の岩盤に加わるので、両岸が狭く、岩盤が非常に丈夫な場所に適しています。

【図解】アーチダム

ロックフィルダム

岩石を積み上げ、水漏れを防ぐためにダムの内部または上流面を、水を通さない材料を用いて築いたダムです。ダム自体が非常に大きくなりますが、材料の岩石が近くにある場所には適しています。

【図解】ロックフィルダム