中部電力|定期検査の記録 - 実績データ

実績データ 定期検査の記録

定期点検では、法令に基づく施設定期検査に併せ、自主的に発電所設備全般に渡って、計画的に点検・手入や修理・改造を実施し、プラントの安全・安定運転の確保に努めています。
近年の定期検査の実績は、以下のとおりです。

定期検査の実績(号機別)

1号機

回数 定期検査の期間および日数 主な工事内容など
19 2002年4月26日~2009年1月30日中断(2,471日間) 9×9燃料(A型)の採用
高圧給水加熱器など取替工事
余熱除去系配管破断および制御棒駆動機構ハウジング部の漏えい対策工事

同号機の運転終了(2009年1月30日)をもって、第19回定期検査(2002年4月26日開始)を中断しました。
運転終了後、「核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律」に基づく「施設定期検査」を受検していましたが、2013年1月23日にすべての燃料の搬出が完了したため、これ以降は法令に基づく施設定期検査を受検する必要はありません。

2号機

回数 定期検査の期間および日数 主な工事内容など
20 2004年2月21日~2009年1月30日 中断(1,805日間) 低圧給水加熱器取替工事
蒸気タービン低圧内部車室取替工事
炉心シュラウドのピーニング施工箇所を含む溶接線の点検
原子炉再循環系配管などの溶接線の点検
高経年化に関する技術評価のための原子炉内点検

同号機の運転終了(2009年1月30日)をもって、第20回定期検査(2004年2月21日開始)を中断しました。
運転終了後、「核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律」に基づく「施設定期検査」を受検しています。

3号機

回数 定期検査の期間および日数 主な工事内容など
17 2010年11月29日~ 原子炉隔離冷却系原子炉圧力容器ヘッドスプレイ配管への空気抜き配管設置工事
制御棒駆動機構自動交換機取替工事
非常用ディーゼル発電機シリンダライナの健全性確認
安全性向上対策工事
主復水器細管損傷事象の再発防止対策
16 2009年6月14日~2009年10月30日(139日間) 復水タンク運用水位の変更
窒素供給配管取替工事
原子炉自動停止用地震計設定値変更
駿河湾の地震に伴う「特別な保全計画」の実施
15 2008年1月19日~2008年5月21日(124日間) 主発電機固定子コイル修理

4号機

回数 定期検査の期間および日数 主な工事内容など
13 2012年1月25日~ 非常用ディーゼル発電機シリンダライナの健全性確認
安全性向上対策工事
主復水器細管損傷事象の再発防止対策
12 2010年10月14日~2011年3月2日(140日間) タービン常用デジタル制御装置取替
11 2009年2月25日~2009年10月16日(234日間) 格納容器内雰囲気モニタ取替工事
原子炉自動停止用地震計設定値変更
電気油圧式タービン制御装置取替
非常用高圧母線への電源回路の追加
「運転状況データ」追加に伴う工事
駿河湾の地震に伴う「特別な保全計画」の実施
気体廃棄物処理系における水素濃度上昇事象の原因究明・再発防止対策の検討

5号機

回数 定期検査の期間および日数 主な工事内容など
5 2012年3月22日~ 安全性向上対策工事
主復水器細管損傷事象の再発防止対策
海水流入事象に伴う塩分除去および設備・燃料の健全性確認に係る点検
4 2010年3月15日~2011年2月23日(346日) 低圧タービン取替工事
制御棒監視装置の制御回路改造工事
3 2008年9月8日~2009年7月29日(325日) 原子炉自動停止用地震計設定値変更
原子炉機器冷却水熱交換器修理工事
気体廃棄物処理系における水素濃度上昇事象の原因究明・再発防止対策の検討