中部電力|環境モニタリング - 環境への取り組み

環境への取り組み 環境モニタリング

環境中の放射線の量や放射性物質の濃度を監視し、周辺環境に影響をおよぼしていないことを確認することを環境モニタリングといいます。
発電所敷地内または周辺にあるモニタリングポスト、モニタリングステーションなどにより環境中の放射線量率を連続測定するとともに、モニタリングポイントで積算線量を測定しています。なお、モニタリングポストについては発電所の中央制御室で常時監視できるようにしてあります。

また、発電所周辺の農産物・海産物・陸水・海水などに含まれる放射性物質について定期的に分析、測定をおこなっています。
このような環境モニタリングは、静岡県でもおこなっており、その結果は当社の結果と合わせて「静岡県環境放射能測定技術会」で技術的に検討された後、「静岡県原子力発電所環境安全協議会」で確認されています。
この結果は同協議会が定期的に発行している「原子力だより」により地元の皆さまにお知らせされています。

モニタリングポスト(7箇所に設置)

放射線の測定範囲が異なる2種類の検出器を備え、1時間あたりの放射線量を測っています。
測定値は、発電所の中央制御室で常時監視しています。また、運転状況データ公開画面でご覧いただくことができます。

モニタリングポストの写真

モニタリングステーション(14箇所に設置)

モニタリングポストと同様に、放射線の測定範囲が異なる2種類の検出器を備え、1時間あたりの放射線量を測っています。
測定値は、モニタリングステーションで見ることができます。また、運転状況データ公開画面でもご覧いただくことができます。

モニタリングステーションの写真

モニタリングポイント(57箇所に設置)

設置した積算線量計を3ヶ月ごとに取り替えて、3ヶ月間の放射線量を継続して測っています。

モニタリングポイントの写真
よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:電気のこれからを考える「場」
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから