中部電力|浜岡原子力発電所1、2号機の廃止措置計画について - 発電所の運営に関するピックアップ情報

発電所の運営に関するピックアップ情報 浜岡原子力発電所1、2号機の廃止措置計画について

当社は、2008年12月22日に、浜岡原子力発電所リプレース計画などについて決定し、1、2号機の運転終了などについて公表しました。また、同決定に伴い、2009年1月30日をもって、1、2号機の運転を終了しました。

わが国では、運転を終了した原子力発電所は解体撤去することとされており、その実施にあたっては、法令に基づき、あらかじめ廃止措置の計画を定め、国の認可を受けます。

1、2号機の廃止措置計画は、2030年代後半まで約30年間にわたり実施します。

同計画では期間全体を第1段階「解体工事準備期間」から第4段階「建屋等解体撤去期間」までの4段階に区分し、段階的に進めていきます。

当社は、2009年6月1日に国に提出し同年11月18日に認可を得た廃止措置計画に基づき、廃止措置の第1段階(解体工事準備期間)において、1、2号機から全ての燃料の搬出を完了したとともに、第1段階における系統除染および汚染状況調査が完了しました。

2015年3月16日に、廃止措置の第2段階へ移行するため、廃止措置計画の変更認可申請書を原子力規制委員会に提出し、2016年2月3日に認可を受けました。

現在、この廃止措置計画に基づき、廃止措置の第2段階(原子炉領域周辺設備解体撤去)における作業を進めています。

第2段階「原子炉領域周辺設備解体撤去」について

第2段階「原子炉領域周辺設備解体撤去」で実施する作業

原子炉領域周辺設備解体撤去

排気筒や建屋内の原子炉領域周辺設備であるタービン設備などの解体撤去をおこないます。

汚染状況の調査・検討

第1段階に引き続き、原子炉領域などの汚染状況を調査し、解体時期の決定、解体方法の策定、解体廃棄物の量の評価、安全貯蔵期間の評価をおこないます。

系統除染

第1段階に引き続き、原子炉圧力容器や原子炉再循環系などの設備・配管の内面に付着した放射性物質の除去をおこないます。

放射線管理区域外の設備・機器の解体撤去

第1段階に引き続き、主要変圧器・軽油タンクなどの放射線管理区域外の設備・機器を解体撤去します。

浜岡原子力発電所1、2号機の廃止措置状況

過去分については、こちらからご覧いただけます。

浜岡原子力発電所1、2号機廃止措置状況(2015年度第2四半期、第3四半期、第4四半期)において一部記載に誤りがあったことから訂正しています。(2016年8月22日に訂正実施)

放射性廃棄物の処理処分について

第2段階で発生する解体物はできるだけリサイクルしていき、放射性廃棄物となるものは、処分方法が決まるまでの間、1、2号機の建屋内などに安全に保管します。

処分先については、国の原子力政策とも関係することから、国の動向も見極めながら電力業界全体で連携し、具体的な処分方法を決定したうえで、廃棄先の検討を進めていきます。

これまでの主な公表について

2009年1月30日 1、2号機の運転を終了

2009年6月1日 1、2号機の原子炉廃止措置計画認可申請書を提出

2009年11月18日 1、2号機の原子炉廃止措置計画認可

2015年3月16日 1、2号機 廃止措置計画の変更認可申請について

2016年2月3日 1、2号機 廃止措置の第2段階への移行について

新聞折り込みチラシ