当コンテンツでは、Adobe Flash Player・JavaScriptを使用しております。
Adobe Flash Playerの最新版は下記よりダウンロードしてご利用ください。

JavaScriptはブラウザの設定で有効にしてご利用ください。

Copyright©CHUBU Electric Power Co.,Inc. All Rights Reserved.

  • 1.低炭素社会の実現 地球温暖化を防ぐために。電力の「供給」「需要」の両面からCO2排出量の削減に取り組んでいます。
  • 2.自然との共生 豊かな自然を守りたい。多様な生物の生態系に配慮した事業活動に努めています。
  • 3.循環型社会の実現 限りある資源を大切に。3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進し、環境への負荷を低減します。
  • 4.地域や世界との連携 環境やエネルギーへの意識を、次世代につなげる試みを。地域と連携して未来をつくる「人」を育てます。

低炭素社会の実現

地球温暖化対策に欠かせないのが、CO2など温暖化ガスの排出を極力減らす低炭素社会の実現。中部電力では、「再生可能エネルギーの開発推進」や「火力発電の熱効率向上」などの供給面における取り組み、「お客さまに効率的にエネルギーをお使いいただく工夫のご提案」などの需要面における取り組み、その他「CO2削減の研究開発」などの取り組みを通じて低炭素社会の実現を目指します。

詳しくはこちら

自然との共生

くらしにかかせないエネルギーをお届けするために、生態系を大きく傷つけることがあってはなりません。
中部電力では、生物多様性に配慮し、かつ景観も損なわないよう発電所の建設工事や設備の運営管理など、自然との共生に努めています。また、大気汚染防止や水質汚濁防止などの環境保全対策にも積極的に取り組んでいます。

詳しくはこちら

循環型社会の実現

環境負荷を最小限に抑えるために。
廃棄物の発生抑制(Reduce)、再使用(Reuse)、再生利用(Recycle)の3Rによりゼロエミッションを目指します。
また、製品の調達や化学物質の管理などにおいても、循環型社会の実現に向けたさまざまな取り組みを進めています。

詳しくはこちら

地域や世界との連携

環境を大切にする心をもち、自発的に行動できる人材育成を。
中部電力では、中部電力グループECOポイント活動や環境教育トレーナー制度などにより、従業員の環境意識向上に取り組んでいます。また、森林活動や環境学習活動などを通じて地域の皆さまとのコミュニケーションを深め、連携して未来の環境づくりに努めています。

詳しくはこちら

中部電力グループは、エネルギー産業に携わるものとして、環境経営を的確に実践するとともに、社員一人ひとりが自ら律して行動し、地球環境の保全に努め、持続可能な社会の発展に貢献します。