●地球の仲間の星ってどんな星? ●わく星をチェック! ●星にじゅ命があるってホント?
わく星のまわりを回る星を衛星(えいせい)、別の名を「月」というよ。つまり、みんながよく知っている月は地球の衛星。実は地球以外のわく星にも月があるんだ。しかも、たくさんの月を持つわく星もあるよ。
太陽とわく星、衛星などをぜんぶ合わせて太陽系(たいようけい)とよぶんだよ。
今、観測衛星(かんそくえいせい)や最新の天体観測(てんたいかんそく)しせつによって、わく星の月がどんどん発見されているんだ。だから、きっとまだこれからも月の数は増(ふ)えてゆくよ。
わく星はそれぞれ色や大きさにちがいがあっておもしろいね。太陽からのきょりが近い順に、わく星のとくちょうをまとめてみたよ。
月の数=0 英語名=マーキュリー
太陽のまわりを88日間でひとめぐりするよ。
月の数=0 英語名=ビーナス
夕方の西の空や、明け方の東の空に見えるので、「よいの明星」「明けの明星」と呼(よ)ばれるよ。
月の数=1 英語名=アース
空気に包まれ、表面の多くは海。青く美しい星だよ。
月の数=2 英語名=マルス
赤くかがやいて見える星。今年の夏は火星が地球に近づいて話題になったね。火星が赤く見える理由は、表面に鉄の赤サビがふくまれているからだよ。
月の数=61 英語名=ジュピター
わく星の中でいちばん大きくて<=地球の11倍>、わく星の中では金星の次に明るく見えるよ。
月の数=31 英語名=サターン
土星のリングは氷のつぶでできていて、年々かたむきが変わっているよ。
月の数=27 英語名=ウラノス
青緑色に見える星で、地球からは見えないけれど、土星のようなリングを持っているよ。
月の数=13 英語名=ネプチューン
7〜8等星くらいの明るさに見える星だよ。
月の数=1 英語名=プルート
1930年に発見された、まだなぞの多い星だよ。
英語の名前はギリシャ神話から名付けられたんだって。星の動きや光り方のとくちょうを神話に登場する人物の性格(せいかく)にあてはめているよ。火星とか土星という呼び名(よびな)は、曜日の名前と重なるね。これは中国から日本に伝わったと言われるよ。