電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第746号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
特集3 干潟を守るためにできることはなんだろう?

干潟(ひがた)の生き物たちは、水をきれいにしてくれるけど、川や海の水がよごれすぎると、生き物たちは生きていけないよ。水をきれいにしてくれる干潟の働(はたら)きや、そこにすむ生き物たちのつながりを守るために、みんなにもできることがあるよ。ぜひ実行しよう!

川や海にごみを捨てない。食事や飲み物は残さない。干潟についてよく知ろう!イラスト干潟コラム どこに干潟があるのかな?

藤前干潟(ふじまえひがた)は、鳥を守る国の保護区(ほごく)になっているほか、世界的(せかいてき)にも大切な場所としてラムサール条約(じょうやく)※に登録(とうろく)されている貴重(きちょう)な干潟だよ。

藤前干潟の場所イラスト ごみのうめ立てから守られた藤前干潟

1980年代のこと、名古屋市ではごみが増(ふ)えて、将来(しょうらい)捨(す)てるところがなくなりそうになってしまったので、藤前干潟(ふじまえひがた)にごみの処分場(しょぶんじょう)をつくる計画が立てられたんだ。でも市民(しみん)が干潟を守る活動やごみを減(へ)らす運動を行い、その結果(けっか)、計画は中止されたよ。ごみと資源(しげん)を細かく分ける名古屋市のルールは、このとき決められたものなんだ。ごみを正しく分けて、資源として使えるものをリサイクルすることで、捨てるごみを減らすことができるよ。ごみの分別(ぶんべつ)のルールを守ることは、干潟を守ることにつながっているんだ!

まとめ

干潟(ひがた)を守ることは海や生き物を守るだけでなく、私(わたし)たちの暮(く)らしを守ることにつながるんだね。

この特集の壁新聞がダウンロードできるよ!

第678号「干潟号」の壁新聞[PDF:2.34MB]