電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第746号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
特集2 今の地図はどのように作られているの?

私(わたし)たちの身の回りにある、いろいろな種類(しゅるい)の地図は、国土地理院が作成(さくせい)した「2万5千分の1地形図」が基本(きほん)になっているよ。国土地理院は国土交通省(こくどこうつうしょう) の機関(きかん)で、100年以上(いじょう)も日本の国土の基本図を作っているんだ。基本の地形図がどのように作られているのか見てみよう!

飛行機で空中写真を撮る

飛行機(ひこうき)に測量用(そくりょうよう)カメラをつけて、空中から撮影(さつえい)するよ。写真に写らない場所や県境(けんざかい)、建物(たてもの)の種類(しゅるい)や道幅(みちはば)などは、現地(げんち)へ実際(じっさい)に行って調べるよ。


GPS(全地球測位システム)技術の利用

GPSとは、人工衛星(じんこうえいせい)から発信(はっしん)された電波を地上で受けて、正確(せいかく)な場所を割(わ)り出(だ)す技術(ぎじゅつ)だよ。写真に写らない場所などに、人や車が受信(じゅしん)アンテナをつけて行って、位置(いち)データを取るんだ。

図化機で位置と高さのデータを得る

重なり合うように撮(と)った2枚(まい)の空中写真を、図化機(ずかき)という機械(きかい)に取りこむよ。道路の位置(いち)や土地の高さなどを、機械で読み取ることができるんだ。

地図コラム いろいろな世界地図

世界のようすがひと目でわかる世界地図。いくつか見比(みくら)べてみると、作り方[図法(ずほう)というよ]のちがう地図が見つかるよ。図法には、それぞれ長所と短所があるから、目的(もくてき)に合わせて使いわけているんだ。その一例(いちれい)をしょうかいするね。

角度が正しい地図
メルカトル図法

位置(いち)を表す緯度(いど)[南北を結(むす)ぶ線]と経度(けいど)[東西を結ぶ線]の角度が正しい長方形の世界地図。でも、面積(めんせき)やきょりは正確(せいかく)ではないんだ。一番よく目にする世界地図だよ。

面積が正しい地図
モルワイデ図法

面積(めんせき)が正しく表された、だ円の形をした世界地図。だ円の周囲(しゅうい)は、陸(りく)の形がゆがんでえがかれているよ。面積が正しいから、分布図(ぶんぷず)などに利用(りよう)されるんだ。

きょりが正しい地図
正距方位図法

きょりや方位が正しく表された世界地図。中心から遠くなるほど、形はゆがんでしまうよ。

外国の世界地図は、どこかがちがう?

日本で作られる世界地図は、日本が中央にかかれているよね。でもヨーロッパやアメリカなどで使われている地図を見ると、なんとヨーロッパが中央にあるんだ。配置(はいち)が変(か)わると、世界の見え方も変(か)わるようでおもしろいね!