電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第746号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
特集1 氷の上をスイスイすベるスケート

物と物がこすれ合うと、すべりを止めようとするまさつという力が働(はたら)くよ。まさつが大きいとすべりにくく、まさつが小さいとすべりやすくなるよ。スケートぐつは、すべるときに氷がとけて、刃(は)と氷の間にほんの少しだけ水ができることで、まさつが小さくなり、すべりやすくなるように作られているんだよ。

氷の上にできる水がまさつを小さくする働きをしているよ。

すべるときに氷がとける理由については、いろいろな説(せつ)があるよ。一つは、スケートぐつの刃(は)に体重がかかることで、氷が強くおされてとけるという説。もう一つは、すべるときに刃と刃の間に起きるまさつによって、熱(ねつ)が発生して氷がとけるという説。さらに他の説もあって、どれが本当かはまだわかっていないんだ。

こすり合わせるとまさつで熱が生まれる原理と同じだね。 競技によって氷のかたさや温度は変わるの?

スケートリンクの氷は、競技(きょうぎ)に合わせてかたさや温度を変(か)えているよ。いっぱんのリンクは、だいたいマイナス4度くらいだよ。

スピードスケート、フィギュアスケート、アイスホッケーイラスト