電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第746号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
特集2 ルールを覚えて実際に遊んでみよう

駒(こま)の名前と動かし方を覚えたら、次に基本的(きほんてき)なルールを覚えよう。
ルールを覚えれば、子供(こども)も大人も関係なく、誰(だれ)とでも遊べるのが将棋(しょうぎ)の魅力(みりょく)だよ。

藤井聡太氏写真
取った駒を使うことができる

取った駒(こま)[持ち駒]は、駒を動かす代わりに、空いたマスに打って使うことができるよ。

取った駒を使うことができるイラスト
相手の陣地でパワーアップできる

自分の駒(こま)が相手の陣地(じんち)に入ると、裏返(うらがえ)して、金将(きんしょう)と同じ動きができるようになるよ。これを「成る」というよ。

相手の陣地でパワーアップできるイラスト 先手・後手は振り駒で決める

指す順番は「振(ふ)り駒(こま)」で決めるよ。どちらか1人が3枚(まい)か5枚の歩兵をよくまぜて落として、表が多かったら振った人が先手、裏(うら)が多かったら振った人が後手になるよ。

自分で負けを認める

詰(つ)められてしまった時、これから詰められることがわかった時には、最後まで戦わずに、自分から負けを認(みと)めるよ。これを「投了(とうりょう)」というよ。

待ったなし

駒(こま)を動かした時に、駒から指を放したら、もうやり直しはできないよ。