内ヶ谷の森ってどんなところ?

  1. エコランドトップページ >
  2. 森のがっこう >
  3. 内ヶ谷の森ってどんなところ?
森のがっこう
中部電力が愛情を注いで守ってきた、自然豊かな森だよ。

内ヶ谷の森があるのは、岐阜県郡上市大和町(ぎふけんぐじょうしやまとちょう)の西部。郡上市は郡上おどりで有名なところだよ。森の面積は約1,100万平方メートル。東京ディズニーリゾートの約6倍という広大な森林だよ。
※東京ディズニーリゾート=200万平方メートル

内ヶ谷の森風景写真

内ヶ谷の森風景

内ヶ谷の森所在地地図

この森は、樹齢(じゅれい)80年になるスギ・ヒノキなどの針葉樹林(しんようじゅりん)と、ブナ・ミズナラなどの広葉樹林(こうようじゅりん)がまざって広がっているんだ。

内ヶ谷の森風景写真

内ヶ谷の森風景

内ヶ谷の森風景写真

内ヶ谷の森風景

内ヶ谷の森風景写真

内ヶ谷の紅葉

内ヶ谷の森風景写真

内ヶ谷の紅葉

林道沿(ぞ)いには、長良川に注ぐ川が流れていて、せせらぎが心地いいよ。中部電力はこの森を90年以上にわたって大切に管理してきたんだ。

内ヶ谷の森風景写真

内ヶ谷を流れる川

森を守る活動の一環(いっかん)として、中部電力とグループ会社の社員・元社員を対象に、森林ボランティア指導者(しどうしゃ)の育成にも取り組んでいるよ。
この活動の名前は「ちゅうでんフォレスター」。専門家(せんもんか)の指導(しどう)のもと、森づくりの仕組みや安全な作業方法について、知識(ちしき)・技術(ぎじゅつ)を身につけていくんだ。
フォレスターとして認定(にんてい)された社員・元社員は現在(げんざい)、ボランティアとして地域(ちいき)の環境保全(かんきょうほぜん)に積極的に取り組んでいるよ。

ちゅうでんフォレスター写真

ちゅうでんフォレスターの活動

森を未来に受け継いでいくには、人の愛情が必要なのよ。