中部電力|変電所の種類 - 変電所ってどんなところ?

変電所ってどんなところ? 変電所の種類

電圧による種類

超高圧変電所

50万ボルトと27万5千ボルトの超高圧の電気を扱う変電所です。

一次変電所・二次変電所

発電所や超高圧変電所と配電用変電所との中間の変電所で、各方面への電気の分配や大工場配電用変電所に送ります。

配電用変電所

電圧を6,600ボルトまで下げ、配電線を通して一般の家庭に送ります。

設備形態による種類

屋外変電所

変圧器や遮断器などの主要な機器は屋外に、制御装置などを建物の内部に設置しています。変電所の多くは屋外変電所となっています。

【図解】屋外変電所

屋内変電所

主要変圧器や制御機器などをすべて建物内に設置しています。
周辺環境との景観の調和もとりやすく、屋外変電所よりも狭い敷地面積で建てることができます。

【図解】屋内変電所

地下変電所

変圧器などの主要な機器を地下に設置しています。
都心部では、ビルや都市公園などの下に地下変電所を建て、土地を有効に活用しています。

【図解】地下変電所

新着イベント情報

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 中部電力PR展示施設
  • 新しいウィンドウを開きます:電気こどもシリーズ
  • ちゅうでん小学生サイエンスクラブ「エレキッズ」
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら