中部電力|電流計と電圧計の使い方 - 楽しみながら学べるよ!

楽しみながら学べるよ! 電流計と電圧計の使い方

電流計と電圧計は、どうやって使うのかな?

電流計の使い方

電流計のイメージ画像

電圧計の使い方

電圧計のイメージ画像

電流計は回路に直列に電圧計は回路に並列につなぎます。接続する端子(たんし)は電流計、電圧計ともにプラス端子(+)が1つとマイナス端子(-)を3つ持っています。3つのマイナス端子(-)にはそれぞれ計れる電流(電圧)の最大値が表示してあります。この最大値以上の電流(電圧)が流れると電流計(電圧計)がこわれてしまいます。電流計(電圧計)は、針がたくさんふれた方が正確に計れるため、たくさんふれる端子を選んで計ります。回路に流れる電流(電圧)の大きさが分からない場合は一番大きな値の端子から計っていきます。

(注)電流計、電圧計は直流用と交流用があります。

新着イベント情報

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 中部電力PR展示施設
  • 新しいウィンドウを開きます:電気こどもシリーズ
  • ちゅうでん小学生サイエンスクラブ「エレキッズ」
  • 新しいウィンドウを開きます:子ども向け環境情報サイト「エコランド」