プレスリリース バックナンバー(2006年)

愛知教育大学と中部電力株式会社が大学の授業で連携

平成18年1月19日
愛知教育大学
中部電力株式会社

 愛知教育大学(学長:田原賢一、刈谷市井ヶ谷町広沢1)は、中部電力株式会社(社長:川口文夫、名古屋市東区東新町1)と連携し授業を実施します。
 これは、同大学の学生が中部電力のPR展示館「でんきの科学館(名古屋市中区栄2-2-5)」での子どもたちへのワークショップ*の実習を通じた授業を同大学教員の指導のもと展開し、それを単位とするものです。
 教員養成課程の中で、企業PR展示館を利用した実習指導が単位取得対象の授業となるのは、愛知教育大学として初のことであります。

 愛知教育大学は、教員を目指す学生を、子どもたちや社会との関わりを通して社会変化に適切に対応し、人として魅力を持ち活力あふれた教員に育てたいとの思いがありました。
 一方、中部電力株式会社としても、地元の大学との連携を通し、地域が活性化すると共に、教育のお役に立てればと願っておりました。

 今回の連携は、両者の思いが合致し、でんきの科学館でのワークショップ*の講師実習を有効に活用し、エネルギーや科学をテーマとした教員養成の授業を正式単位とするものです。

*ワークショップ:実験教室や工作教室など。


1  企  画 愛知教育大学、中部電力株式会社
※愛知教育大学教員養成プロジェクトの一環として実施
2  担当教員 愛知教育大学教授 野田敦敬(のだあつのり)
3  実施学生 愛知教育大学3年生(理科教育領域) 20名
4  指導対象 小学生5~6年生とその家族 約20組

<問い合わせ先>

愛知教育大学 生活科教育講座 教授 野田敦敬 0566-26-2723

中部電力株式会社 広報部 報道グループ 052-961-3582

以上

<参考資料>

授業の内容およびスケジュール(全15コマ)


①大学での学習レクチャー(4コマ分)


内容 「総合的な学習の時間」のあり方、エネルギー&環境教育に ついて理解を深める
指導教員 愛知教育大学教授 野田敦敬


②展示館および発電所見学(4コマ分)


日程 平成18年1月20日(金)
内容 午前  発電の仕組み、エネルギー資源、環境問題についての レクチャーおよび展示館見学(でんきの科学館にて)      
    午後  火力発電所見学(碧南火力発電所にて)  
協力 中部電力株式会社


③大学でのワークショップ指導研究(5コマ分)


内容 教官指導によるワークショップの教材研究
指導教員 愛知教育大学教授 石田博幸        
  川上昭吾
  遠西昭壽
  吉田 淳


④でんきの科学館でのワークショップ講師実習(2コマ分)


日時  平成18年3月5日(日) 10時00分~12時00分
会場 でんきの科学館(名古屋市中区栄2丁目2-5)
※当日は、でんきの科学館は休館中ですが、中部電力の科学クラブ会員(エルゴン会員)より、20家族程度を募集します。  
内容 学生による小学生向けのワークショップの実施
※20名の学生が4グループに分かれ、約20家族を対象に 実験・工作学習を行います。
指導教員 愛知教育大学教授 野田敦敬
協力 中部電力株式会社


以上