プレスリリース バックナンバー(2006年)

中部電力の従業員を装った詐欺にご注意(お願い)

平成18年2月9日
中部電力株式会社名古屋支店

 当社従業員を装い、高齢者を狙った詐欺行為が発生いたしましたので、お客さまへの注意喚起をお願いしたくお知らせいたします。

1 発生日時

平成18年2月9日(木)


2 発生場所

名古屋市熱田区四番


3 発生事象

 当社従業員を装った男性一人が一人暮らしの老人宅を訪問し、屋根瓦の修理代金として5万円を請求した。
 請求に従い約5万円を支払ったところ、男性は領収証を渡すことなく立ち去った。


〔当社からのお知らせとお客さまへのお願い〕

 当社社員や関係者を装って、電気料金や工事代金の名目で現金をだまし取る詐欺行為が多発しております。
 次のような理由で、突然訪問し、お金を請求してきたら注意してください。


  • ・屋内配線やブレーカーの点検
  • ・電気温水器の点検
  • ・「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」を使っての電気料金の請求
  • ・テレビアンテナの点検・撤去工事 等

  • ○当社は、点検等で料金を請求することはございません。
  • ○当社は、「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」で、電気料金の集金はいたしません。
  • ○当社または関連会社従業員または各社関係者は、お客さま宅を訪問する際は、従業員証を携帯しておりますので、提示をお求めください。
  • ○不審に思われた場合は、その場で最寄りの当社営業所へお問い合わせください。


以上