プレスリリース バックナンバー(2006年)

定年退職者再雇用制度(シニア・スタッフ制度)の拡大について

平成18年2月15日
中部電力株式会社

 当社は、従業員が定年以前に培った知識・技術・経験を活用するとともに、従業員の勤労意欲に応え「働きがい、生きがい」につながるよう、定年退職者を再雇用する「シニア・スタッフ制度」を導入しています。
 この度、改正高年齢者雇用安定法の施行に伴い、高齢者の能力を広範囲に活用し生産性向上を図ることを目的として、原則、希望者全員を再雇用することといたしましたので、以下のとおり、お知らせいたします。


1 制度の概要

(1)対象者

 当社を満60歳で定年退職した従業員で、十分に意欲・能力を有し、成果が期待できる健康な者とする。

(2)雇用期間

 契約期間は1年以内とし、最大満65歳まで契約更改することができる。

(3)業務内容

 定年退職者の知識・技術・経験を活かすことができる業務とし、個別に会社が指定する。

(4)勤務制度

 業務によって柔軟に対応できる勤務制度とし、「短日数・短時間勤務」(ゆとり勤務)を設定する。

(5)給与

 業務内容および成果に応じて、個別に決定する。



2 実施期日

 平成18年4月1日


以上