プレスリリース バックナンバー(2006年)

メキシコ火力IPPプロジェクトの権益追加取得について

平成18年4月20日
中部電力株式会社

 当社は、メキシコにおいて、三井物産株式会社、カルパイン(Calpine Corporation〔アメリカ〕)と共同で、プロジェクト事業会社(Compania de Generacion Valladolid〔メキシコ〕)を設立し、火力IPPプロジェクトに参画しております。

 このたび、当社および三井物産株式会社は、カルパインが保有する本プロジェクト事業会社の権益(出資比率45%)を各々が22.5%ずつ取得しました。これにより、本プロジェクトは、当社と三井物産株式会社が50%ずつ出資する合弁事業となります。

<出資比率>

出資会社 追加取得前 追加取得後
中部電力株式会社 27.5% 50.0%
三井物産株式会社 27.5% 50.0%
カルパイン 45.0%

 本プロジェクトはメキシコ電力庁(Comision Federal de Electricidad)との25年間の長期電力購入契約に基づいた電力の卸供給を行うものであり、現在、メキシコ合衆国ユカタン州バジャドリド市において、出力525MWの天然ガスコンバインドサイクル(複合火力)発電設備を本年6月の運転開始を目指し、建設中です。

 当社は、これまで「タイ火力IPPプロジェクト」や「タイ籾殻発電事業」など、海外発電事業や環境関連事業へ取り組んで参りましたが、今後、平成22年度までの5年間を「海外エネルギー事業の発展期」として位置づけ、一層積極的に事業を展開していきます。

以上

<別紙>

メキシコIPPプロジェクトの概要

1 プロジェクトの概要


発電設備   525MW天然ガスコンバインドサイクル発電
燃料   天然ガス
事業会社   Compania de Generacion Valladolid, S. de R.L. de C.V.
(S. de R.L. de C.V.:Sociedad de Responsabilidad Limitada de Capital Variable[可変資本有限責任会社]の略)
売電先   メキシコ電力庁(CFE)
プロジェクト費用   約275百万米ドル(約303億円)
※1米ドル=110円で換算
着工   2004年5月
運転開始予定   2006年6月

2 プロジェクトスキーム(権益追加取得後)


3 プロジェクトサイト




以上