プレスリリース バックナンバー(2006年)

中部電力グループ環境月間について

平成18年5月31日
中部電力株式会社

 中部電力グループは、6月1日からの1ヶ月間を「中部電力グループ環境月間」と定め、環境保全に関する様々な活動を展開します。
 この取り組みは、中部電力として平成3年から16回目、グループとしては昨年に続いて2回目となります。


1 「チーム・マイナス6%」活動の継続実施

 クールビズ(夏季軽装)、夏季の事業場空調温度の省エネ設定(原則28℃)を始めとする地球温暖化防止国民運動「チーム・マイナス6%」活動を継続実施します。

※クールビズおよび夏季の事業場空調温度の省エネ設定(原則28℃)は、6月~9月で実施。


2 名古屋港回遊環境学習ツアーの実施(6月24日)

 名古屋港をチャーター船によって回遊し、海や川について、ゲストの水先案内人のナビゲートにより、親子で楽しく学ぶ環境学習ツアーを開催します。


3 「苗木の配布」活動の実施

 緑豊かな地域づくりを支援し、地球温暖化防止の一助とすることを目的に、学校、公園、福祉施設等の公共施設で植樹活動等を行います。
 昭和60年からの配布実績は約29万本になります。


4 「中部エコライフ・フェア2006」への出展(6月6日~6月8日)

 環境省主催の「中部エコライフ・フェア2006」に出展し、当社の環境保全への取り組み等を紹介します。


5 子供向けホームページ「エコランド」の活用

 環境に関わるクイズや夏休みの自由研究の参考となるコンテンツを掲載します。


6 エコレポートの発行

 地球温暖化防止を中心に、当社の環境への取り組み、省エネルギーに関する情報をまとめた「エコレポート2006」を発行し、広くお客さまに配布します。


7 環境美化活動、省資源・省エネ活動の実施<中電グループ共通>

 海浜、河川、公園等の公共施設など地域の環境美化活動を実施します。
 各事業所において、節電・節水等、省資源・省エネにつながる活動を実践します。


8 中電グループECOポイント活動の実施<中電グループ共通>

 中電グループの従業員および家族を対象として、参加者各自が会社、家庭および地域で取り組む環境配慮活動をポイント化することにより、自発的な環境配慮活動の促進を図ります。

以上