プレスリリース バックナンバー(2006年)

石炭灰を有効利用したプラスチック原料「PLASH(プラッシュ)」の新シリーズを開発

平成18年6月26日
中部電力株式会社

 当社は、碧南火力発電所で発生する石炭灰を有効利用した高強度プラスチック原料「PLASH-GF(プラッシュ-ジーエフ)」とリサイクルプラスチック原料「PLASH-REA(プラッシュ-アールイーエー)」を三菱重工業株式会社と共同で開発しました。本開発品は、プラスチック原料製造会社の三星ケミカル株式会社にて、今月より製造販売を開始しています。

 今回開発した「PLASH-GF」は、従来の「PLASH」※1にガラス繊維(Glass fiber)を加えたもので、引っ張り強度、曲げ強度、衝撃強度が2倍になり、プラスチック系建材(住宅用パッキンやOAフロア等)など高い強度を求められる用途への適用が期待できます。

※1 PLASHとは、プラスチック原料のポリプロピレンにフライアッシュ(超微粒な石炭灰)を混合したもの。ポリプロピレンのみを原料としたプラスチック製品よりも曲げ強度が増し、摩耗しにくいなどの特徴を持つ。

 また、「PLASH-REA」は、損傷や劣化などにより廃棄されるプラスチック(EEA※2)にフライアッシュを混合したリサイクル原料100%の環境にやさしい原料です。従来の「PLASH」よりも柔軟な原料で、衝撃強度が4倍程度になるという特徴を持っています。

※2 エチレン・エチルアクリルレートとは、電力設備のカバー類などに使用されるプラスチック原料

 これら2つのプラスチック原料が「PLASH」シリーズとして新たに加わることで、より高い強度が必要な建設資材をはじめ、家電、自動車部品、さらに環境にやさしい原料が求められる園芸用品など幅広い分野での利用が期待できます。
 今後も、石炭灰の有効利用を拡大するため、新たな製品の開発を行ってまいります。

 開発品の主な特長は以下のとおりです。



(1)石炭灰をリサイクルした環境にやさしいプラスチック原料

(2)「PLASH-GF」    

  • ①引っ張り強度、曲げ強度が向上(高強度)
  • ②耐熱性が高い

(3)「PLASH-REA」

  • ①環境にやさしいリサイクル原料100%
  • ②衝撃強度が向上(柔軟)

石炭灰混合プラスチック原料「PLASH」シリーズ開発の概要

1 開発体制

(共同開発先)三菱重工業株式会社
社長: 佃 和夫 氏
住所: 東京都港区港南2-16-5 三菱重工ビル
TEL: 03-6716-3111

(製造販売先)三星ケミカル株式会社
社長: 岩田 和夫  氏  
住所: 岐阜県羽島市正木町須賀字下平2266-1
TEL: 058-392-3228

2 PLASHシリーズの物性例


物性 A社PP PLASH PLASH-GF PLASH-REA
引張強度[MPa] 22.5 21.6 51.6 5.5
曲げ強度[MPa] 31.4 45.9 92.4 8.7
衝撃強度[kJ/m2] 7.1 3.0 6.7 11.2
密度[kg/m3] 900 1400 1322 1442
熱変形温度[℃] 114 131 160 -

3 PLASHシリーズの製品成形工程



以上