プレスリリース バックナンバー(2006年)

お客さま情報の盗難について

平成18年7月14日
中部電力株式会社
名古屋支店

 このたび、当社の計量器取替工事の請負先である中部精機株式会社において、作業員がお客さま情報の記載された資料を盗難されるという事態が発生しました。
 お客さまの大切な情報を流出したことに対し心よりお詫び申しあげます。
 お客さまへは、事実のご説明と謝罪をさせていただいております。
 このたびの事態を重く受け止め、全従業員および請負先に対して個人情報保護の重要性について再認識を図り、さらなる厳重・適正管理を徹底してまいります。


1 発生日時

平成18年7月13日(木) 7時30分~12時00分の間


2 発生場所

一宮市内


3 盗難物


  • ・「検満取替お客さま一覧表」 9枚(117契約)
  • ・メモリーカード 1枚(上記117契約分の内、111契約)

*検満取替とは電気の使用量を計量する計量器を、法律に基づいて取替する工事のことです。一般のご家庭の計量器については10年ごとに取替ます。


4 お客さま情報

①お客さま番号 ②お客さま名 ③契約種別 ④電話番号 等


5 状況


  1. (1)作業員は、当日7時30分頃から検満取替対象お客さまの計器取替工事を実施していた。
  2. (2)12時00分頃、車中に保管していた「検満取替お客さま一覧表」およびメモリーカードの入ったカバンがなくなっていることに気づいた。
  3. (3)盗難までに通過した経路を捜索したが、発見できなかったため、一宮警察署に被害届けを提出した。現在のところ、お客さま情報紛失による被害の申し出はなし。

以上