プレスリリース バックナンバー(2006年)

中部電力の従業員を装った詐欺にご注意(お願い)

平成18年8月24日
中部電力株式会社

 最近、当社従業員を装い、お客さまを狙った電気料金の詐欺行為が発生しておりますので、お客さまへの注意喚起をお願いしたくお知らせいたします。


〔発生事象1〕

 掛川市内のお客さま(電気料金は口座振替払)宅に、当社従業員を名乗る男性一人が「電気料金の集金」と訪問してきたため、お客さまは「電気ご使用量のお知らせ」 (検針票)に記載された金額(口座振替済みの料金)を支払った。
 男性は、お金を受領すると領収証を渡すことなく立ち去った。


〔発生事象2〕

 島田市内のお客さま(電気料金は所定用紙での振込払)宅に、当社従業員を名乗る女性一人が「電気料金が溜まっているから集金したい」と訪問してきたため、お客さまは「既に料金を振り込んだ」ことを伝えると、女性はそのまま立ち去った。


〔当社からのお知らせとお客さまへのお願い〕


  • 〇当社では、「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)により、お客さまから電気料金を集金することはありません。
  • ○当社または当社関係者の従業員が、お客さま宅を訪問する際は、従業員証を携帯しておりますので、提示をお求めください。
  • ○不審に思われた場合は、その場で最寄りの当社営業所へお問い合わせください。

別紙 「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)見本


<別紙>

「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)見本


以上