プレスリリース バックナンバー(2006年)

電気式連続フライヤー「コンビネーションフライヤー」の開発・販売について ~油が少なくヘルシーで美味しい揚げ物の調理が可能~

平成18年9月20日
株式会社アイホー
東京電力株式会社
中部電力株式会社

 株式会社アイホーと東京電力株式会社、中部電力株式会社の3社は、このたび、学校給食センターなど大量の揚げ物を調理されるお客さま向けに、電気式連続フライヤー「コンビネーションフライヤー」を共同開発いたしました。
 9月21日より、株式会社アイホーが販売を開始いたします。

 近年、グルメ志向・健康志向の高まりに伴い、揚げ物にも、美味しさや含まれる油の量の低減などに対するニーズが高くなっております。
 このたび開発した「コンビネーションフライヤー」は、連続フライヤー[注1]とオーブンを組み合わせたもので、食品をフライヤーで揚げた後、オーブンで加熱することにより食品に含まれる余分な油を落とし、ヘルシーで美味しく仕上げます。また、従来に比べフライヤーによる加熱時間が短縮されるためフライヤーの油槽が小さくなり、油の使用量を抑えることができます。
 さらに、油槽内に設置されているコンベアやヒーターを跳ね上げ式としたほか、油槽の凹凸を少なくするなどして清掃を容易にし、衛生面にも配慮いたしました。

 なお、本製品は、9月21 日から東京で開催される展示会「フードシステムソリューション2006」[注2]においてご紹介いたします。

 株式会社アイホーは、今後、連続フライヤーの導入や入れ替えを検討中のお客さまに、本製品をご採用いただけるよう、積極的にご提案を行ってまいります。
 東京電力と中部電力は、今後とも、高効率・低価格の機器の開発に積極的に取り組み、お客さまのエネルギーコストの低減ニーズにお応えするよう努めてまいります。

以上

[注1]連続フライヤー
油槽に油を入れて加熱し、食品を調理する機械で、油槽内に食品搬送用のコンベアを設置して食品を連続的に調理する。

[注2]フードシステムソリューション2006
日時:平成18 年9月21 日(木)~23 日(土) 10:00~17:00
場所:東京ビッグサイト 東展示ホール4・5
主催:フードシステムソリューション協議会

参考

「コンビネーションフライヤー」の概要

1.主な特長

1)油が少なくヘルシーで美味しい揚げ物の調理が可能!

 食品をフライヤーで揚げた後、オーブンで加熱することにより食品に含まれる余分な油を落とし、ヘルシーで美味しく仕上げます。


2)従来に比べて油の使用量を削減!

 オーブンで仕上げの加熱を行うことにより、従来に比べフライヤーによる加熱時間が短縮されるためフライヤーの油槽が小さくなり、油の使用量を抑えることができます。


3)衛生面にも配慮!

 油槽内に設置されているコンベアやヒーターを跳ね上げ式としたほか、油槽の凹凸を少なくするなどして清掃を容易にし、衛生面にも配慮いたしました。


4)良好な作業環境が実現!

 燃焼排ガスが発生しないため、作業環境が改善され、空調管理も容易です。



2.開発体制

1)開発者

株式会社アイホー
住所:愛知県豊川市白鳥町防入60
代表取締役社長:宮﨑 眞一

東京電力株式会社
住所:東京都千代田区内幸町1丁目1番3号
取締役社長:勝俣 恒久

中部電力株式会社
住所:愛知県名古屋市東区東新町1番地
代表取締役社長:三田 敏雄


2)開発期間

平成17年10月~平成18年3月



3.外観



4.システム図



5.仕様


製品名 電気式連続フライヤー「コンビネーションフライヤー」
品番 AFE-25
外形寸法(㎜) W2650×D1315×H1590
電源 三相200V 50/60Hz
消費電力 41.5kW
調理能力 冷凍コロッケ1500個/時(1個:60gの場合)
調理対象 コロッケ、フライ、かき揚げ等揚げ物全般
希望小売価格(税込) 6,825,000円


<製品に関するお問い合わせおよび資料請求先>

株式会社アイホー 営業部 業務課(担当:八木沼)
住所:愛知県豊川市白鳥町防入60
TEL:0533-88-7214(直通)  FAX:0533-88-4510