プレスリリース バックナンバー(2006年)

電気温水器点検を装った詐欺にご注意(お願い)

平成18年10月3日
中部電力株式会社
岡崎支店

 電気温水器点検を装った詐欺行為が発生いたしましたので、お客さまへの注意喚起をお願いしたくお知らせいたします。


1 発生日時

 平成18年10月3日(火)14時頃


2 発生場所

 安城市内


3 発生事象

 「中部電力からの委託を受けて電気温水器の点検に来た」と名乗る男性一人がお客さま宅(80歳代女性)を訪問した。
 お客さまは、中部電力の関連会社の人と思い込み、男性からの「点検の結果、安全弁を取り替えたため、代金1万2千円をいただきたい」との請求に、その場で全額を支払った。
 支払った後、不審に思ったお客さまが、以前温水器の取り付けをしてくれた馴染みの電気工事店に温水器を確認してもらったところ、安全弁ではなく他の部品の取り替えがされていることが判明した。また、受領した「点検票兼領収書」に記載があった連絡先に電話をかけたところ、「以前は給湯器の点検・修理をしていたが、今は全くしていない」との返答であった(会社は実在したが無関係)。


4 犯人の特徴


  • 年齢:50歳位
  • 体格:小太り、足が悪い様子
  • 服装:青色系の作業服上下

【中部電力からのお願いとお知らせ】


  • ○最近、中部電力の従業員や関係者を装った詐欺・窃盗事件が発生しています。
  • ○中部電力および関係者の従業員がお客さま宅を訪問する際は、従業員証を携帯しておりますので、提示をお求めください。
  • ○不審に思われた場合は、すぐにお近くの中部電力までお問合せください。

以上