中部電力|トピックス - カーリング部

カーリング部 トピックス

「3位」! 軽井沢国際カーリング2018

カーリング部は、2018年12月20日(木曜日)から23日(日曜日)の間で軽井沢アイスパークにて開催された「軽井沢国際カーリング選手権大会2018」において、結果「3位」となりました。

本大会は、カナダ、ロシア、スコットランド、韓国などの海外の強豪チームならびに国内トップチームが集結し熱戦が繰り広げられました。

当社チームは、予選Cグループを4勝0敗、女子参加15チーム中1位で予選を通過しました。

続く決勝トーナメント準々決勝では、昨季日本選手権優勝の富士急を9対3で突破、続く準決勝では奮闘するもSidorova(ロシア)に4対7で敗戦、目標としていた優勝を逃したものの3位決定戦ではWalker(カナダ)に7対4で勝利し今大会を3位で終えました。

ご声援ありがとうございました。引き続き頑張って参ります!

準決勝スコア

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8
中部電力 0 1 0 0 0 2 1 × 4
Sidorova 1 0 2 1 3 0 0 × 7

3位決定戦スコア

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8
中部電力 2 0 1 0 2 0 2 × 7
Walker 0 1 0 2 0 1 0 × 4

今後の大会予定

第25回中部カーリング選手権大会

軽井沢アイスパーク 1月24日(木曜日)~27日(日曜日)

第36回日本カーリング選手権大会(注)

どうぎんカーリングスタジアム 2月10日(日曜日)~17日(日曜日)
((注)第25回中部カーリング選手権大会優勝チームが出場します)

Walker(カナダ)との3位決定戦の様子

試合会場の様子

今季の体制について(記者会見および公開(氷上)練習開催)

カーリング部は今季の体制について、2018年12月14日(金曜日)軽井沢アイスパークにおいて記者会見・公開(氷上)練習を開催しました。チームの最大の目標である2022年開催の北京オリンピック表彰台を目指し頑張って参ります。

引き続きのご声援をよろしくお願いいたします。

  • 部長:和田 博明(継続)
  • 監督:大日方 優次(継続)
  • コーチ:両角 友佑(新)
  • 選手:松村 千秋、石郷岡 葉純、北澤 育恵、中嶋 星奈(継続)
  • マネージャー:清水 絵美(継続)
  • 事務局:横山 彰(継続)

記者会見の様子
(左から大日方監督、中嶋選手、北澤選手、松村選手、石郷岡選手、両角コーチ、清水マネージャー)

公開(氷上)練習の様子(1)

公開(氷上)練習の様子(2)

公開(氷上)練習の様子(3)

「第25回中部カーリング選手権大会」出場切符掴む!

カーリング部は、2018年11月9日(金曜日)から11日(日曜日)の間で開催された「中部カーリング選手権大会長野県トライアル」に参戦し、予選を2勝1敗で通過、その後の順位決定トーナメントを制し来年1月に開催される「第25回中部カーリング選手権大会」への出場を決めました。

引き続き、今季大会での優勝を目指し頑張って参ります。

今後の大会予定

軽井沢国際カーリング選手権大会2018

軽井沢アイスパーク 2018年12月20日(木曜日)~23日(日曜日)

第25回中部カーリング選手権大会

軽井沢アイスパーク 2019年1月24日(木曜日)~27日(日曜日)

第36回日本カーリング選手権大会

(第25回中部カーリング選手権大会優勝チームが出場します)
どうぎんカーリングスタジアム 2019年2月10日(日曜日)~17日(日曜日)

試合の様子

試合の様子

「準優勝」飾る!どうぎんカーリングクラシック2018

カーリング部は、2018年8月2日(木曜日)から5日(日曜日)の間で開催された「どうぎんカーリングクラシック2018」において「準優勝」を果たしました。

国内外から男女の強豪チームが参加の中、チームは予選ブロックを2勝1敗の2位で通過し、続く準決勝では、北海道銀行に延長の末、4対3と勝利し決勝に進出しました。

決勝ではKim(韓国)と対戦し奮闘しましたが、4対6で敗退。惜しくも優勝は逃しましたが、チームにとっては本大会目標としていた「2位以内」を達成することができました。ご声援ありがとうございました。

大会ホームページはこちらからご覧いただけます。

試合の様子

試合の様子

会場の様子

表彰式の写真

表彰式

チーム体制の変更について

2018年シーズンにあたり下記のとおりチーム体制を変更しましたのでお知らせいたします。

松村 保コーチ 退任
2017年シーズン限りで退任となりました。

清水 絵美選手(キャプテン)
2017年シーズン限りで選手を引退し、2018年シーズン以降は、中部電力カーリング部マネージャー(スタッフ)として活動してまいります。

以上が変更となり、下記選手にて活動を継続してまいります。
松村 千秋、石郷岡 葉純、北澤 育恵、中嶋 星奈(選手4名)

第35回 日本カーリング選手権 連覇ならず

カーリング部は、1月28日~2月4日に北海道名寄市サンピラー交流館カーリングホールで開催された「第35回日本カーリング選手権大会」において、連覇を目指し奮闘しましたが、準決勝で敗退し3位で大会を終えました。

予選リーグでは7勝1敗と、予選を1位通過し決勝トーナメントへ進出。

予選1位から4位のチームでおこなわれた決勝トーナメントでは、北海道銀行に6対7と惜しくも1点差で敗退、続く準決勝で健闘しましたが、富士急に5対9と敗退しました。

チームの目標であった「日本選手権連覇」は達成できませんでしたが、チームは気持ちを新たに、来年の日本選手権に向け、今後も日々練習を重ねてまいります。

皆さまのご声援ありがとうございました!

第35回日本カーリング選手権大会の様子1
第35回日本カーリング選手権大会の様子2

「第67回 日本スポーツ賞 競技団体別最優秀賞」受賞!

2017年の日本スポーツ界で活躍した選手を表彰する「第67回日本スポーツ賞」(読売新聞社制定)において、選考の結果、当社カーリング部が「競技団体別最優秀賞」を受賞いたしました。

受賞にあたっては、実業団で初めて日本選手権を制覇した実績や、昨年の日本選手権で、3大会ぶりにタイトルを奪回するなどの成績が評価されたものです。

去る1月22日、パレスホテル東京で開催された表彰式には、チームを代表して和田部長、大日方監督が出席し、表彰を受けました。

今回の受賞はカーリング部にとって大変名誉であり、今後の活動への大きな励みとなりました。

【表彰式の様子】

表彰状とトロフィーの写真

過去のトピックス

過去のトピックスをご覧いただけます。

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:家族のくらしを守る「安心」アプリ きずなネット
  • 新しいウィンドウを開きます:名古屋港ワイルドフラワーガーデン「ブルーボネット」
  • 新しいウィンドウを開きます:電気をかしこく使うためのお役立ち情報家庭向けWEB会員サービス カテエネ
  • ちゅうでん小学生サイエンスクラブ「エレキッズ」
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら