HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>お知らせ>お知らせ・トピックス>2017年>「ちゅうでん サイエンス・フォーラム 2017」開催のお知らせ

お知らせ・トピックス 2017年

「ちゅうでん サイエンス・フォーラム 2017」開催のお知らせ

2017年5月19日

中部電力株式会社
技術開発本部
原子力安全技術研究所

当社では原子力に係る研究の取り組みを強化するため、2012年7月に浜岡原子力発電所の構内に原子力安全技術研究所を設置し、研究を進めています。このたびは、最近の研究成果を広く地域の皆さまにお伝えする研究発表のほか、環境問題に取り組むアルピニスト野口健氏の講演なども織り交ぜた「ちゅうでん サイエンス・フォーラム 2017」(以降、サイエンス・フォーラムという)を開催いたします。皆さまお誘いあわせのうえ、ぜひご来場ください。

サイエンス・フォーラムの概要

1.期日

2017年7月22日(土曜日) 11時30分~17時20分

(ポスター展示・説明は11時30分~13時、技術開発成果展示は11時30分~13時および14時30分~15時15分)

2.会場

御前崎市文化会館

静岡県御前崎市白羽5404-1(御前崎市役所御前崎支所隣)

3.参加費

無料

4.お申込みについて

(1)お申込み方法

お申込み先着300名様となります。下記(参加申込書Webサイト)のお申込み専用ページからお申し込みください。1件のお申込みにつき4名様までお申し込みいただけます。

(注)サンプルでの郵送およびお電話でのお申込みはできません。

(注)お申し込みいただいたお客さまの個人情報は、サイエンス・フォーラムの参加ご案内をはじめ、当社主催のイベント情報などの送付のために必要な範囲内で使用させていただき、適切に管理いたします。

(2)お申込み締切

2017年6月30日(金曜日)

(注)定員となり次第締切とさせていただきます。

(3)招待状の送付

お申込みは先着順に受け付けし、受付完了後、2週間程度で招待状を発送する予定です。

5.内容

[ホール]

(1)特別講演
講師:野口 健(のぐち けん)
テーマ:富士山から日本を変える

環境問題に取り組むアルピニスト野口健氏による特別講演を開催いたします。

(2)講師と地元学生によるトークセッション
地元中高生、県内大学生による野口健氏への質問コーナー

(3)研究成果発表

「配管画像化診断のための弾性波カメラの開発」
京都大学 林 高弘 准教授

「チタンサファイアレーザーを用いた共鳴イオン化に基づく難測定放射性核種分析法の開発」
名古屋大学 富田 英生 准教授

「高経年化原子炉圧力容器の余寿命高精度評価に関する研究」
九州大学 渡邉 英雄 准教授

「津波監視システムの開発」
当社 原子力安全技術研究所

[ホワイエ(ロビー)]

ポスターセッション
ポスターを使って研究成果を掲示し研究者がご説明します。

技術開発成果展示
当社でおこなっている地元に関わりのある技術開発の成果をご覧いただきます。

  • 藻食性魚類の行動生態
  • トマト栽培温室における有効な冷房方法
  • 地域環境に配慮した緑化植物

お問い合わせ先

中部電力(株) 技術開発本部 原子力安全技術研究所 業務グループ
Tel:0537-85-2353
受付時間:9時~17時 土曜・日曜・祝日を除く

別紙

添付資料

以上