HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2018年>「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」の認定について

プレスリリース 2018年

「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」の認定について

2018年2月20日

中部電力株式会社

当社は、本日、健康経営の普及促進に向けて、経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」に認定されましたのでお知らせいたします。

健康経営優良法人制度は、日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

当社は、「こころの病気」の未然予防・早期発見のためのメンタルヘルス対策の充実や、生活習慣および食生活の改善のため産業保健スタッフが栄養指導・運動実技指導を行うなど、心と身体の健康づくりに関する積極的な取り組みが評価されたものと考えております。

今後も、従業員一人ひとりが健康を維持し、その能力を十分に発揮できる制度を拡充し、「ライフ・ワーク・バランス」を推進することで、企業競争力を一層高めてまいります。

【ご参考】当社の「ライフ・ワーク・バランス」推進の更なる取り組み

当社は、「従業員がいきいきと働くためには、ライフ(心身の健康・充実した生活)が基盤となる」との考えに基づき、「ライフ・ワーク・バランス」を推進しております。

今後も、従業員の健康確保、生活支援の充実、柔軟な働き方の促進、および組織力の向上につながる制度の拡充を予定しております。

2018年4月

フレックスタイム勤務制の全社拡大

テレワークの導入

職場親睦行事の充実

2018年6月

住宅手当の適用拡大

2019年4月

全従業員の人間ドック受診

確定拠出年金の充実

ポイント型厚生メニューの充実

 

以上