電力用語解説 原子燃料サイクル(げんしねんりょうさいくる)

原子炉(げんしろ)の燃料となるウランは、鉱山で採掘(さいくつ)された後、原子炉で使用されるまでに、様々な化学的、機械的加工が行われる。また、原子炉で使用された後も再処理することにより、核分裂(かくぶんれつ)性物質を抽出(ちゅうしゅつ)し、これを再び原子燃料として利用する。このような一連の循環(じゅんかん)過程を原子燃料サイクルという。

 

 

 

 

 

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから
  • 新しいウィンドウを開きます:環境への取り組み
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら
  • CDPへの対応 詳細はこちら