電力用語解説 コンバインドサイクル(こんばいんどさいくる)

コンバインドサイクル発電とは、火力発電の方法の一つ。LNGを燃焼し、その高温の燃焼ガスでガスタービンを回転させる。ガスタービンから排出される排ガスが、廃熱回収ボイラーへ行き、水を沸騰させて蒸気に変え、蒸気タービンを回す。このようにしてガスタービンと蒸気タービンを組み合わせて発電する方法が、コンバインドサイクル発電。そのため、燃料使用量の節減につながり、環境に適した発電といえる。

 

 

 

 

 

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから
  • 新しいウィンドウを開きます:環境への取り組み
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら
  • CDPへの対応 詳細はこちら