中部電力グループレポートデジタルブック - 中部電力グループレポート(統合報告書)|中部電力
20/96

トップコミットメント価値創造気候変動戦 略事業活動ガバナンス人 財経営・財務データ等脱炭素社会実現への貢献環境に対する世の中の取り組みや期待が大きく進展するなか、中部電力グループが一体となって「脱炭素社会実現への貢献」に取り組む新たな目標として、2050年までに事業全体の温室効果ガスの排出量ネット・ゼロに挑戦する「ゼロエミチャレンジ2050」を、2021年3月に定めました。この目標は、極めてチャレンジングなものであり、あらゆる手段を総動員して取り組むべき重要課題と認識しています。全ての事業分野において、まずは足元からの取り組みを最大限進めていくとともに、当社が持つエネルギーインフラ・ソリューション技術と、中部地域のイノベーションとバランスの取れた産業構造といった特性を活かし、目標達成を目指してまいります。お客さまへ販売する電気由来のCO2排出量と排出原単位事業(サプライチェーン)全体の温室効果ガス総排出量201020112012201320142015201620177,0006,0005,0004,0003,0002,0001,00000.000.200.400.600.801.00(万t-CO2)(kg-CO2/kWh)(年度)5,9925,9924,4624,4625,8505,8505,7365,7360.4690.4694,7154,7150.3730.3736,4696,4690.5090.5096,1316,1310.4940.4945,8815,8810.4820.4820.3410.3410.4800.4800.4720.472CO2排出量CO2排出原単位201820195,3395,3394,9694,9694,1744,1740.4520.452● CO2排出量と排出原単位の推移・見通し(調整後排出ベース)CO2排出量目標2013年度比 50%以上削減20300.4240.4240.3770.3772020なお、電気事業低炭素社会協議会※では、業界全体として、2030年度に排出係数0.37kg-CO2/kWh程度(使用端)を目指しています。※電力業界が実効性ある地球温暖化対策を行うため、会員事業者の取り組みを促進・支援する目的で2016年に設立。8,0006,0004,0002,0000(万t-CO2)● Scope1,2,32018資本財(電力設備等)資本財(電力設備等)70万t-CO2(1.3%)70万t-CO2(1.3%)販売した製品の使用(販売した先でのLNG・ガスの使用)販売した製品の使用(販売した先でのLNG・ガスの使用)260万t-CO2(4.9%)260万t-CO2(4.9%)Scope1,2に含まれない燃料およびエネルギー関連活動(販売用に調達した電力の発電時等)Scope1,2に含まれない燃料およびエネルギー関連活動(販売用に調達した電力の発電時等)4,940万t-CO2(93.2%)4,940万t-CO2(93.2%)その他その他3万t-CO2(0.1%)3万t-CO2(0.1%)20192020Scope3排出量カテゴリー別内訳5,273万t-CO2(99.5%)5,273万t-CO2(99.5%)17万t-CO2(0.3%)17万t-CO2(0.3%)11万t-CO2(0.2%)11万t-CO2(0.2%)Scope2: Scope3: その他の間接排出量Scope1: (年度)※ 温室効果ガスとは、CO2、N2O、SF6をCO2換算して表したものです。  2018、2019年度は中部電力個社の値、2020年度は中部電力・中部電力パワーグリッド・中部電力ミライズ3社合計の値を記載 (中部電力は、2020年に、送配電事業を中部電力パワーグリッドに、販売事業を中部電力ミライズに分社)※ 2019年度より、火力発電事業を㈱JERAに移管。㈱JERA火力発電からの調達分のCO2排出量はScope3(Scope1、2に含まれない燃料および  エネルギー関連活動)でカウント。※ 日本の温室効果ガス排出量(CO2換算):12億1,200万t(2019年度値)直接排出(絶縁ガスとしてのSF6、バイオマス燃焼時のN2O、その他燃料の使用等に由来するCO2換算排出量)間接排出(事業場(オフィス)等の電気の使用に伴うCO2排出量)中部電力グループ ゼロエミチャレンジ2050※1 中部電力、中部電力パワーグリッド、中部電力ミライズ※2 電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)等※3 電動化に適さない緊急・工事用の特殊車両等を除く私たちは、お客さま・社会とともに、エネルギーインフラの革新を通じて「脱炭素」と「安全・安定・効率性」の同時達成を目指します2030年脱炭素社会の実現に貢献事業全体のCO2排出量ネット・ゼロに挑戦し、2050年●暮らしと産業を支えるエネルギーインフラ提供●ソリューション技術による省エネ・電化促進●ものづくりを起点としたイノベーション●バランスの取れた産業構造を活かした循環型社会実現 中部電力グループ中部エリア2013年度比で50%以上削減お客さまへ販売する電気由来のCO2排出量を、100%電動化※2・3当社※1が保有する社有車を19Chubu Electric Power Group Report 2021トップコミットメント価値創造気候変動戦 略事業活動ガバナンス人 財経営・財務データ等気候変動

元のページ  ../index.html#20

このブックを見る