中部電力グループレポートデジタルブック - 中部電力グループレポート(統合報告書)|中部電力
21/96

トップコミットメント価値創造気候変動戦 略事業活動ガバナンス人 財経営・財務データ等ゼロエミチャレンジ2050に向けた取り組み 脱炭素社会実現に向けては、社会全体で取り組むことが必要です。中部電力グループは、再生可能エネルギーのさらなる導入や、次世代原子炉の利活用、水素技術の実用化やカーボンリサイクル技術の実装などにより、「お届けする電気の脱炭素化」に挑戦します。また、排熱などの未利用エネルギーの活用や、熱エネルギーの脱炭素化、抜本的なエネルギーの消費プロセス見直しといった「エネルギー利用の電化・脱炭素化」をお客さま・社会とともに進めていきます。加えて、これら電源とお客さまをつなげる自立分散型のシステムを、さらに高度化していきます。 これらの取り組みは、社会構造そのものの変化につながるものであり、そこから生まれるイノベーションをはじめとした新たなビジネスチャンスも積極的に捉え、取り組みを加速してまいります。●「お客さまの豊かな暮らし・ビジネス課題の解決」と「脱炭素化」の両立を、 お客さま・社会とともに促進最終エネルギー消費に占める電力消費は1/4程度であり、脱炭素に向けては電力のみならずエネルギー全体での取り組みが必要⇒当社グループは、電化・効率化を通じて電力以外分野のCO2排出削減にも貢献していきます。●非化石エネルギーの最大活用●次世代技術実用化・化石燃料の脱炭素化水力洋上風力太陽光原子力カーボンリサイクルアンモニア化石燃料水素CCUS※調整力の確保火力発電再エネ主力化お客さま・社会と進める電化・脱炭素化お届けする電気の脱炭素化脱炭素の実現お客さまとともに再エネ開発を加速再エネ電源利用拡大エネルギー転換等のソリューションエネルギーを使いやすくする仕組みの構築省エネ創エネ活エネかつエネルギー利用の効率化エネルギー利用の効率化再エネ電源創出・活用「省エネ」・「創エネ」・「活エネ」の三位一体かつ自立分散型システムによる安全・安定・効率性の追求ゼロエミ電気現在2050年(kJ)電力 25%電力以外(石油・石炭・ガス等) 75%電力電力以外効率化電化現在2050年ネット・ゼロ(kWh)CO2排出石炭・LNG再エネCCUS火力原子力再エネ水素アンモニア※ Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage の略 二酸化炭素を分離・回収し、有効利用または貯留する技術 エネルギー消費の電化・効率化脱炭素化(発電電力量構成)地熱20Chubu Electric Power Group Report 2021トップコミットメント価値創造気候変動戦 略事業活動ガバナンス人 財経営・財務データ等脱炭素社会実現への貢献

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る