中部電力グループレポートデジタルブック - 中部電力グループレポート(統合報告書)|中部電力
22/96

トップコミットメント価値創造気候変動戦 略事業活動ガバナンス人 財経営・財務データ等ゼロエミチャレンジ2050に向けたロードマップ指標・目標● 脱炭素社会の実現に向けては、あらゆる分野において、各主体(国・自治体、産業界、家庭)がそれぞれの役割に応じた取り組みを進める必要があります。● 当社グループは、お客さま・社会とともにエネルギーインフラの革新を通じて、脱炭素社会の実現に貢献してまいります。国の政策等を前提とした当社の取り組みであり、今後制度設計等が変更された場合、目標値等を変更する場合があります。また、脱炭素技術の着実な進展と経済合理性の両立を前提としています。お客さまとともに送配電発電◎偏在する再エネの広域連系力強化 ◎需給運用の高度化・広域化◎分散型グリッド構築・運用◎送電容量拡大・蓄電池等活用◎SF6※代替ガス機器の採用省エネ創エネ活エネ◎エネルギーマネジメントサービス提供(省エネ拡大)◎CO2フリーメニューの多様化(非化石比率向上)◎電化等を支えるサービス提供◎魅力ある暮らしやすいまちづくり(地産地消)◎安全確保と地域のご理解を前提に浜岡原子力発電所を活用◎再エネ開発加速(2030年頃 200万kW以上)◎海外再エネ(欧州・アジア・北米)への積極的な投資開発◎非効率石炭火力のフェードアウト◎高効率火力活用◎アンモニア・水素混焼等新技術開発イノベーションによる革新的技術実用化・採用社会全体でのエネルギー利用の高効率化[ 東日本と西日本の連系容量 ]300万kW(2027年度)[ 戦略的投資 ] 再エネ1,000億円 海外2,000億円海外 ⇔ 国内のシナジーの発揮※ 六フッ化硫黄:変電機器等において絶縁体として使用されるガス。地球温暖化防止排出抑制対象ガスに指定「JERAゼロエミッション2050」の実現に向けて 参照CO2排出量50%以上削減(約3,250万t削減)2030年事業全体のCO2排出量ネット・ゼロ2050年エネルギーインフラ全体で「脱炭素」と「安全・安定・効率性」の同時達成次世代ネットワークへの転換◎合理的な設備形成◎調整力確保(水素活用等)安全性に優れた次世代原子炉の利活用◎SMR・高温ガス炉さらなる再エネ電源の開発◎洋上風力の積極開発◎空き地を活用した太陽光グリッドの効果的活用◎電力システムの自立分散化◎モビリティの電動化◎地域内エネルギーシェア お客さまとともに進める電化・脱炭素化◎熱エネルギーの脱炭素化◎未利用エネルギーの活用◎資源循環ビジネス電力系統に対する需給調整◎系統用蓄電池の導入拡大◎分散型グリッドによる需給調整次世代技術の利活用◎水素サプライチェーンの 構築・活用、水素製造・貯蔵ゼロエミ火力の活用◎アンモニア・水素混焼の拡大◎CO2オフセット 技術の活用中部地域のポテンシャルを活かした産官学の連携中部電力グループのソリューション中部地域のイノベーション▶P48脱炭素社会の実現に貢献21Chubu Electric Power Group Report 2021トップコミットメント価値創造気候変動戦 略事業活動ガバナンス人 財経営・財務データ等脱炭素社会実現への貢献

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る