中部電力グループレポートデジタルブック - 中部電力グループレポート(統合報告書)|中部電力
40/96

トップコミットメント価値創造気候変動事業活動ガバナンス人 財戦 略経営・財務データ等トップコミットメント価値創造事業活動ガバナンス人 財経営・財務データ等気候変動戦 略御前崎海上保安署・御前崎市・御前崎市消防本部・菊川警察署との連携訓練(2020年9月実施)東京電力ホールディングス(株)および北陸電力(株)との連携(総合訓練への評価者の受け入れ)(2021年3月実施)御前崎市と連携し、避難行動要支援者の一時避難先となるエアシェルター(放射線防護施設)展張訓練を実施(2021年3月実施)静岡県原子力防災訓練にて静岡県・御前崎市と連携した避難行動要支援者の搬送訓練を実施(2020年1月実施) 緊急時における国・自治体・関係機関との関わり自衛隊海上保安庁警察消防報道機関医療機関研究機関※国・自治体国・自治体・関係機関との連携強化地域のみなさま中部電力原子力事業者間の連携防災対策関係者の拠点オフサイトセンター御前崎市・牧之原市、掛川市、菊川市と連携・協力 当社は御前崎市・牧之原市との三者間および、掛川市、菊川市それぞれと「避難行動要支援者※の安全確保に関する協定」を締結しており、自治体との合同訓練等により、相互連携の強化を図っています。※高齢者など、自力での避難が困難で支援が必要な方[浜岡原子力発電所周辺での取り組み(オフサイト対応)] ガバナンス、リスクマネジメント、設備対策・現場対応力を強化することで、リスク低減の取り組みを行っていますが、それでもリスクはゼロにならないという考え方に立ち、放射性物質の放出を伴うような原子力災害が発生した場合にも備え、国・自治体・関係機関・原子力事業者との連携を強化しています。[浜岡原子力発電所内での取り組み(オンサイト対応)]❹❻❷❺❶❸❶敷地内への浸水防止 防波壁の設置❸電源供給の代替手段の確保  緊急時ガスタービン発電機の設置❺訓練 可搬設備・重機の操作訓練❷建屋内への浸水防止 強化扉・水密扉の設置❻訓練 シミュレータ訓練❹注水の代替手段の確保 緊急時淡水貯槽の設置❶~❻は取り組みの一例です。TOPICS安全対策の取り組みの様々な場でのご説明 浜岡原子力発電所の安全対策については、静岡県および御前崎市による点検および確認を定期的に実施していただいており、2011年11月の開始から2021年6月現在、104回となりました。津波対策工事や新規制基準を踏まえ追加した対策工事等を点検いただいています。 また、静岡県が主催する、県民に向けた情報発信を目的とした静岡県防災・原子力学術会議にて、浜岡原子力発電所の安全対策の状況等をご説明しています。静岡県防災・原子力学術会議にて浜岡原子力発電所の安全対策を説明(2018年1月実施)静岡県および御前崎市による津波対策工事ほか追加工事の点検(2021年4月実施) 事故の発生を防ぎ、また、事故の発生に備えるための多重・多様な設備対策を強化し、設備を有効に機能させるための現場対応力の強化に取り組んでいます。※国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(JAEA)など浜岡原子力発電所の活用に向けた取り組み39Chubu Electric Power Group Report 2021

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る