中部電力グループレポートデジタルブック - 中部電力グループレポート(統合報告書)|中部電力
45/96

トップコミットメント価値創造気候変動戦 略事業活動ガバナンス人 財経営・財務データ等トップコミットメント価値創造気候変動戦 略事業活動ガバナンス人 財経営・財務データ等中部電力パワーグリッド株式会社 お客さまのご家庭に設置されている太陽光発電や蓄電池、EV(電気自動車)などの分散型電源(DER)が電力系統の潮流調整に参加いただければ、合理的な設備形成・運用につながることから、それを実現するような仕組み・システムの構築を目指してまいります。 具体的には、お客さまにご協力いただける枠組みと、お客さまのDERをコントロールするアグリゲーターのDER制御システムとの連係に加えて、当社の保有する潮流・電圧情報や気象情報などを用いた地域別の潮流予測機能を具備した「需要地系運用システム」の構築を検討し、電力系統の最適な潮流調整の実現に取り組んでまいります。メリハリのある設備形成 再生可能エネルギー適地への大規模電源の導入や、低効率火力の停廃止等により、基幹系統の電気の流れが大きく変化していくことが想定されています。設備構築に長期間を要する基幹系統設備は、メリハリのある設備形成を進めることで、設備投資の削減と将来を見据えた確実な再生可能エネルギーの受け入れを実現してまいります。先端技術を活用した設備形成・運用 再生可能エネルギーの大量導入や電気自動車の普及などによる電気の流れの複雑化に対応するため、ICT/IoTなどの先端技術を活用し、需要地系統を高度化することで、地域単位の合理的な設備形成・運用を目指します。これにより、再生可能エネルギー電源を迅速かつ合理的に連携させ、脱炭素社会実現へ貢献してまいります。基幹系統需要地系統再生可能エネルギーの最大活用に向けた取り組み需要地系運用システムの検討主な取り組み主な取り組み事例新型電圧調整器新型自動開閉器配電用変電所中部電力パワーグリッド需要地系運用システム地域別潮流予測DER制御量計算DER制御システムアグリゲーター制御指令・応答潮流・電圧情報等制御指令・応答既存配電系統運用システム44Chubu Electric Power Group Report 2021

元のページ  ../index.html#45

このブックを見る