中部電力グループレポートデジタルブック - 中部電力グループレポート(統合報告書)|中部電力
67/96

トップコミットメント価値創造気候変動戦 略事業活動ガバナンス人 財経営・財務データ等菓子乾燥装置 えびせんべい等の焼き菓子製造は、乾燥に時間がかかり(約50分)煎餅の風味を低下させてしまう、味付けのための受け渡し時に落下させ煎餅が割れてしまう等の問題がありました。 本技術は、「赤外線と熱風による乾燥」「送風ファンによる冷却」「スポンジローラによる味付け」を用いることで乾燥時間の大幅な短縮、風味の低下防止および菓子の割れを防ぐことが可能となります。お客さまと一体となったソリューション開発の事例紹介シリコーン樹脂コーティングスプレー装置 シリコーン樹脂のコーティング方法として刷毛塗りとスプレーがありますが、スプレー施工はシリコーン組成物と硬化剤とが均質に混ざらず品質が一定ではない、空気中の湿気と反応して表面から硬化するため厚塗りが困難という問題がありました。 本技術は、シリコーン組成物と硬化剤を均質に混ぜ合わせたシリコーン樹脂混合液を用意し、水分を含んだ圧縮空気によってスプレーするとともに硬化反応させることで、均一で厚塗りが可能なシリコーンコーティングを行うことができます。知的財産知的財産に関する方針●企業価値の向上に資する知的財産の創造●知的財産の適切な保護と効果的な活用●第三者の知的財産権の尊重中部電力グループの事業活動により得られる成果は重要な知的財産です。電力業界を取り巻く環境が大きく変化し複雑化する状況において、総合エネルギー企業グループとして、持続的な成長を図っていくためには、優れた知的財産の戦略的な創造・保護・活用を図る必要があります。そこで、知的財産に関する方針を定め、下記のとおり知的財産活動に取り組んでいます。開放特許マッチングイベントの開催(写真は2019年11月15日実施のもの)会議など取り組み内容中部電力社内弁理士による巡回コンサルティング社内の弁理士が主要事業部門を週1回程度巡回し、知財の確実な権利化・知財リスクの回避・知財に関する意識向上などに関する支援を実施知的財産説明会知的財産創造に対する啓発や他者権利の侵害防止に対する意識などの向上eラーニング全従業員向けに知的財産の基礎事項や実務に密接した講義を提供中部電力グループ知的財産情報連絡会グループ会社22社に対し知的財産に関する各種教育や情報提供 知的財産活動の一環として当社の保有する特許の有効活用や地域貢献を目的に、使用を希望する企業に開放(有償)する取り組みも行っております。開放特許※中部電力グループ 開放特許※開放特許とは、特許権者が第三者に対し、開放(ライセンス契約)する意思のある特許をいいます。66Chubu Electric Power Group Report 2021トップコミットメント価値創造気候変動戦 略事業活動ガバナンス人 財経営・財務データ等

元のページ  ../index.html#67

このブックを見る