中部電力グループレポートデジタルブック - 中部電力グループレポート(統合報告書)|中部電力
70/96

トップコミットメント価値創造気候変動戦 略事業活動ガバナンス人 財経営・財務データ等安全と健康[安全健康推進会議の設置] 中部電力、中部電力パワーグリッド、中部電力ミライズ各社社長をはじめとする経営陣や、労働組合、外部有識者等による安全健康推進会議を定期的に開催し、安全と健康の推進に取り組んでいます。「安全文化の醸成」および「健康経営の推進」に向けた推進体制の構築[安全健康基本方針・安全健康行動原則の策定] 基本方針は、安全で健康な事業活動に専念でき、共に働く仲間がいきいきと働ける環境を整備するという当社の方針を示したものであり、行動原則は、基本方針の実現に向け、人を大切にする企業文化と職場風土を醸成するための、役員と従業員の具体的な行動規範です。中部電力グループ 安全健康基本方針中部電力グループCSR宣言に基づき、安全と健康に関する基本方針を以下のとおり定める。中部電力グループは、「共に働く仲間が安全で健康に職務に専念できるとともに、仕事を通じて自己実現ができる環境の整備」に継続して取り組んでいきます。安全健康行動原則すべての役員および従業員は、「すべてのケガは防ぐことができる。」「生涯にわたって健康であり続ける。」との揺るがない信念を持ち、いかなる場合も次のとおり行動する。会社は安全と健康への施策および投資を継続する。①安全と健康のための行動を称賛し、対話を実践する。②仲間の成功や失敗から得た教訓を自らの行動に活かす。③あらゆるリスクを洗い出し、ただちに低減し、管理する。④人への対策(意識、教育訓練、ルール)とモノへの対策 (設備、装備)を共に充実させる。⑤事業のパートナーと、安全と健康のために協働する。⑥勤務時間外も安全に行動し、健康の保持増進に努める。報告・連絡モニタリング方針・支援安全健康推進会議安全健康推進室(事務局)「従業員が安全で健康に職務に専念できるとともに、仕事を通じて自己実現ができる環境の整備」に継続して取り組んでいきます。 当社グループがお客さまに選ばれ持続的に発展していくためには、共に働く仲間の安全と健康を確保するとともに、多様な人財がそれぞれの能力を伸ばし、活躍できる環境を整えることが重要だと考えています。 安全と健康の取り組みは経営基盤であるとともに最優先課題です。「共に働く仲間が安全で健康に職務に専念できる」体制を整えるため、安全文化の醸成や健康経営を推進していきます。 また、女性や高年齢者、チャレンジド(障がい者)を含めたすべての人財が活躍できるよう、教育や職場環境の整備を進めるとともに、新型コロナウイルス感染拡大を契機として「新たな働き方」をこれまで以上に実践するため、各種制度の見直しを行いました。今後も人財一人ひとりが元気でしなやかに働くことができる職場づくりに努めてまいります。専務執行役員 安全健康推進室 統括 兼マネジメントサービス本部長古田 真二MESSAGE69Chubu Electric Power Group Report 2021トップコミットメント価値創造気候変動戦 略事業活動ガバナンス人 財経営・財務データ等人 財

元のページ  ../index.html#70

このブックを見る