中部電力グループレポートデジタルブック - 中部電力グループレポート(統合報告書)|中部電力
84/96

トップコミットメント価値創造気候変動戦 略事業活動ガバナンス人 財経営・財務データ等経営成績、財政状態及びキャッシュ・フローの状況の分析 中部電力ミライズ㈱の販売電力量は、新型コロナウイルス感染症の影響による電力需要の減少などから、前期と比べ65億kWh減少し1,107億kWhとなりました。 なお、中部電力ミライズ㈱及びその子会社、関連会社の合計の販売電力量は、前期と比べ54億kWh減少し1,171億kWhとなりました。 中部エリアの需要電力量は、夏季及び冬季の気温影響による空調設備の稼動増はありましたが、新型コロナウイルス感染症の影響などから、前期に比べ31億kWh減少し1,239億kWhとなりました。 収支の状況については、売上高(営業収益)は、新型コロナウイルス感染症の影響による販売電力量の減少などから、前期と比べ1,305億円減少し2兆9,354億円となりました。 経常利益は、販売電力量の減少など新型コロナウイルス感染症の影響(△300億円程度)や、燃料価格の変動が電力販売価格に反映されるまでの期ずれ影響において、差益が縮小したことなどはありましたが、グループを挙げた経営効率化に努めたことや今冬の需給ひっ迫に伴い実施した中部エリア外への電力融通などによる収益の増加や、㈱JERAにおいて前期に発生したLNG売却関連損失の反動などから、前期と比べ4億円増加し1,922億円となりました。 なお、期ずれ影響を除いた連結経常利益は、1,690億円程度と、前期と比べ160億円程度の増益となりました。 親会社株主に帰属する当期純利益は、前期と比べ162億円減少し1,472億円となりました。 当期におけるセグメント別の業績(内部取引消去前)は以下のとおりです。 当社が営む小売電気事業等を中部電力ミライズ㈱に、一般送配電事業等を中部電力パワーグリッド㈱に承継させたことに伴い、当期より、報告セグメントの区分を「ミライズ」、「パワーグリッド」、「JERA」に変更するとともに、一部の関係会社のセグメント区分を変更しており、以下の前期との比較においては、前期の数値をこれらの変更を踏まえて組み替えた数値で比較しています。なお、㈱JERAは持分法適用関連会社のため、売上高は計上されません。[ミライズ] ガス&パワーを中心とした総合エネルギーサービスに伴う売上高については、新型コロナウイルス感染症の影響による販売電力量の減少などから、前期と比べ2,421億円減少し2兆4,182億円となりました。 経常利益は、電源調達コストの低減に努めましたが、販売電力量の減少や今冬の需給ひっ迫期間における調達環境の悪化影響などから、前期と比べ72億円減少し380億円となりました。[パワーグリッド] 電力ネットワークサービスの提供に伴う売上高については、中部エリアの需要電力量の減少はありましたが、再生可能エネルギー特別措置法に基づく交付金の増加や今冬の需給ひっ迫に伴い実施した中部エリア外への電力融通などによる収益の増加などから、前期と比べ912億円増加し8,428億円となりました。 経常利益は、中部エリアの需要電力量の減少はありましたが、需給ひっ迫影響による収益の増加などから、前期と比べ108億円増加し588億円となりました。[JERA] 燃料上流・調達から発電、電力・ガスの販売に伴う経常利益は、コスト競争力の強化及び新たな収益源の創出に努めたことや、前期に発生したLNG売却関連損失の反動などはあったものの、期ずれ差益が縮小したことや新型コロナウイルス感染症の影響などから、前期と比べ55億円減少し656億円となりました。(目標とする経営指標の達成状況等) 2019年3月、中期目標として「2021年度に連結経常利益1,700億円以上を実現できるグループを目指す」ことを設定しています。 当期における期ずれ影響を除いた連結経常利益は、1,690億円程度となりました。経営成績の分析(単位:億kWh、%)2020年度2019年度増減増減率低圧339346△8△2.2高圧・特別高圧769826△58△7.0合計1,1071,172△65△5.6※ 販売電力量は、中部電力ミライズ㈱の実績を記載しています。※ 前期を中部電力㈱販売カンパニーの実績として算定した数値を記載しています。[参考1]グループ合計の販売電力量1,1711,225△54△4.4※ グループ合計の販売電力量は、中部電力ミライズ㈱及びその子会社、関連会社の実績を記載しています。※ 前期を中部電力㈱販売カンパニー及びその子会社、関連会社の実績として算定した数値を記載しています。[参考2]他社販売電力量1049944.2※ 他社販売電力量は、中部電力ミライズ㈱の実績を記載しています。※ 前期を中部電力㈱販売カンパニーの実績として算定した数値を記載しています。● 販売電力量2016201720182020(億kWh)(年度)0●販売電力量低圧高圧・特別高圧1,10720191,1721,2181,2141,5001,0005001,183(単位:億kWh、%)● 中部エリアの需要電力量2020年度2019年度増減増減率中部エリアの需要電力量1,2391,269△31△2.4※ 中部エリアの需要電力量は、中部電力パワーグリッド㈱の実績を記載しています。※ 前期を中部電力㈱電力ネットワークカンパニーの実績として算定した数値を記載しています。83Chubu Electric Power Group Report 2021トップコミットメント価値創造気候変動戦 略事業活動ガバナンス人 財経営・財務データ等

元のページ  ../index.html#84

このブックを見る