中部電力|身の回りの電磁界 - 電磁界(電磁波)の基礎知識

電磁界(電磁波)の基礎知識 身の回りの電磁界

私たちの身の回りにはさまざまな「電界」や「磁界」が存在します。
身の回りにある電磁界の大きさについて、磁界、電界別に紹介します。

磁界の例

送電線から発生する「磁界」は、家電製品などと同じくらいの強さです。
また、国際ガイドラインおよび国の規制値と比較しても大幅に小さいレベルです。

身の回りの電磁界の大きさを示した図

電界の例

国際ガイドラインおよび国の規制値と比較して小さいレベルです。

IEEE規格5キロボルト毎メートル、ICNIRPガイドライン4.16キロボルト毎メートル、電気設備の技術基準3キロボルト毎メートル。雷雲時の地表は、3キロボルト~20キロボルト毎メートル、静電気5キロボルト~20キロボルト毎メートル。送電線・変電所(地表上1メートル)0.1キロボルト~3キロボルト毎メートル。

出典:通商産業省(現経済産業省)資源エネルギー庁「電磁界影響調査・検討報告書」(1993年)、理科年表(国立天文台編)

送電線からの電磁界(電磁波)

送電線から発生する磁界は、距離の2乗から3乗に反比例して小さくなっていきます。

電磁界(電磁波)は、発生源から離れると急速に弱くなることを示した図

送電線の測定例はこちら

よくあるご質問・お問い合わせ