中部電力|ゴミの処理について - 環境への取り組み

環境への取り組み ゴミの処理について

ダムの取水口には、流木や生活ゴミ(ビン・ビニール・ペットボトルなど)が流れ着きます。従来までは、これらのゴミについて、主に焼却炉による焼却処理を実施してきましたが、環境問題に対する社会的関心の高まりや、法令の改正・強化がおこなわれ、現在では、ゴミを分別し、焼却処理の削減と適正処理をおこなっています。

取水口に流れ着くゴミの状態

ゴミは、取水口に取り付けられた除塵機によりかき上げられ、自動でゴミを分別する装置や人の手により分別します。

取水口に流れ着くゴミの状態

除塵機によるゴミかき上げ状況

塵芥破砕分別機(泰阜ダム)

塵芥破砕分別機による処理フロー

流木(木材)や生活廃棄物は、塵芥破砕分別機の各装置により分別されます。

1.シュレッダ(セパレータ付)

ビニールのような軽いものとチップ(木片)に分けられ、チップだけがもっと細かくすりつぶされてオガ粉になります。

2.特殊分別機

さまざまな物が混ざっているダムの塵芥は、ここで大きいものと小さいものに自動で分別されます。

3.ブロックチッパ

特殊分別機で分けられた木の枝などを入れると、小さなチップ(木片)になって出てきます。

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら
  • 新しいウィンドウを開きます:環境への取り組み
  • CDPへの対応 詳細はこちら