中部電力|目的と活動内容 - 原子力安全技術研究所での取り組み

原子力安全技術研究所での取り組み 目的と活動内容

当社は、福島第一原子力発電所の事故を契機として、さらなる原子力の安全性向上を目指し、原子力に係る研究の取り組みを一層強化するため、2012年7月、浜岡原子力発電所内に、「原子力安全技術研究所」を設置しました。

同研究所では、浜岡原子力発電所の現場を有効に活用した研究や、現場ニーズを的確に反映した研究に取り組むほか、公募研究などを通じて、大学・研究機関と連携して、将来にわたって原子力をエネルギー源として安全利用していくための研究にも取り組んでいます。

原子力安全研究所でおこなっている研究の一部を動画でも紹介しています。

  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:電気のこれからを考える「場」
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから
  • 木を植える「心」を育てよう!記念日植樹券が当たる!木を植える権利