中部電力|スポーツサポート協会 - NPO植樹活動への寄付

NPO植樹活動への寄付 スポーツサポート協会

長野県・野麦峠スキー場でオリンピック選手と緑の復元

子どもたちに残したい!自然の中でスポーツができる環境を

最近の「急激な気候の変化」。その影響はウィンタースポーツの世界にも飛び火しています。積雪が多すぎても少なすぎても、スポーツの環境は整いません。各地で続いているスキー場の閉鎖。その原因のひとつに、暖冬による雪の減少があります。

映画化された「あゝ野麦峠」。その舞台、長野県旧奈川村にある「信州松本野麦峠スキー場」は、運営体制を行政から民間に切り替えることで継続することになりました。しかし管理者が替わることによって、スキー場内の1つのレストランが取り壊されることに。そこで、この跡地に皆さまからの植樹券による植樹を進めています。

植樹場所は、多くの子どもたちが楽しむゲレンデの最下部です。次世代の子どもたちに、ここから「環境を考えるきっかけ」を伝えていきたいです。

信州松本野麦峠スキー場の地図
御嶽山の写真

2010年植樹ツアー時の御嶽山
とてもよい天気でした

野麦峠スキー場・オリンピック選手と植樹ツアー

2009年6月13日(土曜日)、2010年6月5日(土曜日)、2011年6月12日(日曜日)と3度の「野麦峠スキー場・オリンピック選手と植樹ツアー」を開催いたしました。皆さまから植樹券をご寄付いただき、野麦峠スキー場内のレストラン跡地に、地元松本市の花「レンゲツツジ」の苗木が植えられました。赤や橙色が鮮やかな、高冷地を好む苗木です。

植樹券授与式の写真

2009年度分植樹券授与式
皆さまからの大切な気持ちも一緒に託しました!

植樹の様子
ちっちゃな子も笑顔で楽しく、植えてくれました!

植樹後は、フォレストフィールド(芝生の広場)に移動。地元の皆さまに天然うどたっぷりの山菜汁を用意していただき、芝生の上で昼食。野麦峠のお話を聞き、オリンピック選手のお話を聞きました。その後の自由時間では、間伐材でバードコールづくりをしたり、森に入って山菜採りをしたりと自然を満喫したツアーとなりました。

記念碑を埋めている様子の写真

2009年度記念碑
気持ちを込めて埋めました

アスリートの皆さんとの写真

アスリートの皆さんと一緒に

集合写真

団体紹介

特定非営利活動法人 スポーツサポート協会

アスリートの仲間が集まって設立したNPO。「スポーツを通して、環境問題について多くの人たちに考えてもらえたら嬉しい」とさまざまな活動をしています。2006年から毎年、名古屋・栄の久屋大通公園にスキー場のジャンプ台を特設して「アースリートフェスタ」を開催。プロによる滑走の実演や、スキーやスノーボードの無料レッスン、またそり遊びなどで楽しめるゲレンデエリアも設置。国内外で活躍するアスリートが遠征中に知り得た環境の取り組みや、肌で感じた自然環境の変化などを伝えるトークショーなどもおこないました。他にも植林や間伐、清掃活動などに努めております。

早川広氏の写真

スポーツサポート協会
代表 早川 広氏

事務所

よくあるご質問・お問い合わせ