国、関係自治体・機関との関わり

御前崎海上保安署、御前崎市、御前崎市消防本部との連携訓練の実施について(2019年10月10日)

万一の原子力災害に備え、4者合同による初めての訓練を実施しました。放射線の基礎知識や放射線防護具の着脱などを当社より説明した後、浜岡原子力発電所周辺地域の要配慮者(注)が避難する事態の対応に取り組みました。要配慮者を放射線防護施設へ搬送し、その後体調が悪化した要配慮者を海路で医療機関へ搬送。それぞれの場面で4者が連携し円滑に引き継ぎができることを確認しました。

(注)要配慮者:高齢者、障がい者、乳幼児その他の特に配慮を要する方

放射線防護に関する勉強会の様子
放射線防護に関する勉強会(当社社員による講義)
放射線防護具の着脱の様子
放射線防護に関する勉強会(放射線防護具の着脱)
要配慮者を御前崎市の放射線防護施設へ搬送する様子
要配慮者を御前崎市の放射線防護施設(白羽公民館内)へ搬送
白羽公民館の要配慮者を救急車と巡視船で医療機関へ搬送する様子
白羽公民館の要配慮者を救急車と巡視船で医療機関へ搬送

ページトップへ