中部電力|料金の計算方法 - 料金・ご使用量の確認

料金・ご使用量の確認 料金の計算方法

ガス料金の計算方法について、例を挙げてご説明いたします。

ガス料金の計算方法

供給約款(一般料金)

ガス料金は、月ごとのご使用量に応じて一定額お支払いいただく「基本料金」と、1m3あたりにお支払いいただく「従量料金」を合計した金額です。

ガス料金=基本料金+従量料金(従量料金単価×ガスご使用量)

(注1)ガス料金は1円未満を切り捨てます。
(注2)内消費税等相当額は次の算式で算定します。
【内消費税等相当額=ガス料金(税込)×消費税率÷(1+(消費税率)】

ガス料金の計算例

ガス料金メニューがカテエネガスプラン1で、1ヶ月のガスご使用量が31m3の場合
(注)従量料金単価を、基準単位料金で計算した場合の例になります。

カテエネガスプラン1 料金単価表
料金表 1ヶ月のご使用量 基本料金(円/月) 従量料金単価(円/m3
基準単位料金
A 0m3~20m3 745.20 200.80
B 21m3~50m3 1,587.00 153.45
C 51m3~100m3 1,912.00 146.94
D 101m3~250m3 2,203.00 144.03
E 251m3~500m3 2,468.00 142.97
F 501m3 6,478.00 134.95

基本料金

1ヶ月のご使用量が31m3のため、料金表Bの基本料金を適用し、「1,587円00銭」となります。

従量料金

1ヶ月のご使用量が31m3のため、料金表Bの従量料金単価を適用します。

この場合の従量料金は「153円45銭(料金表Bの従量料金単価)×31m3(ご使用量)=4,756円95銭」となります。

ガス料金

基本料金と従量料金を合計し、1,587円00銭+4,756円95銭=6,343円(円未満切り捨て)となります。このうち消費税等相当額は、「ガス料金×8÷108」(円未満切り捨て)で計算できるので、「469円」になります。

電気とガスのセット割引の計算例

電気の料金メニューがポイントプラン(電気料金3,000円)、ガス料金メニューがカテエネガスプラン1で、1ヶ月のガスご使用量が31 m3の場合

電気の契約が、電気・ガスセット割引対象(注)の「ポイントプラン」なので、電気・ガスのセット割引(ガス料金の2%割引)が適用されます。

セット割引は、ガス料金6,343円(上記ガス料金の計算例より)×2%=127円(円未満切り上げ)となります。この割引は、電気料金とガス料金の合計額から差し引きをします。これがご請求額となるので、電気料金3,000円+ガス料金6,343円-セット割引127円=9,216円がご請求額となります。

(注)ポイントプラン、おとくプラン、とくとくプラン、スマートライフプラン、Eライフプラン(3時間帯別割引)、タイムプラン(時間帯別電灯)、ピークシフト電灯、低圧高利用契約、高圧のご契約となります。

ご請求額=電気料金+ガス料金-セット割引(ガス料金×2%)
  • 新しいウィンドウを開きます:ガスもはじめる部 好評受付中!
  • 新しいウィンドウを開きます:ビジネス向けWEBサービス ビジエネ
  • 新しいウィンドウを開きます:電気をかしこく使うためのお役立ち情報家庭向けWEB会員サービス カテエネ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした