中部電力|原料費調整制度について - 原料費調整について

原料費調整について 原料費調整制度について

原料費調整制度とは

都市ガスの原料であるLNG(液化天然ガス)・LPG(液化石油ガス)の価格変動を適切にガス料金に反映させる制度です。

料金反映のしくみ

貿易統計にもとづく3ヶ月の平均原料価格と、基準平均原料価格との差額を、中2ヶ月の間隔をおいて、次の1ヶ月分のガス料金に反映します。

算定期間 料金適用期間
1月から3月 6月分のガス料金
2月から4月 7月分のガス料金
3月から5月 8月分のガス料金
4月から6月 9月分のガス料金
5月から7月 10月分のガス料金
6月から8月 11月分のガス料金
7月から9月 12月分のガス料金
8月から10月 翌年の1月分のガス料金
9月から11月 翌年の2月分のガス料金
10月から12月 翌年の3月分のガス料金
11月から翌年の1月 翌年の4月分のガス料金
12月から翌年の2月 翌年の5月分のガス料金
料金反映のしくみの説明画像

従量料金単価の調整額

基準平均原料価格(83,350円/トン)と平均原料価格の差額100円につき、従量料金単価を1m3あたり、0.081円(税抜き)調整します。

原料費調整を含む各月の単価についてはこちらをご覧ください。

  • 新しいウィンドウを開きます:緊急時のトラブルサポートや宿泊施設などの優待サービスが今なら無料お試しキャンペーン実施中
  • 新しいウィンドウを開きます:ビジネス向けWEBサービス ビジエネ
  • 新しいウィンドウを開きます:電気をかしこく使うためのお役立ち情報家庭向けWEB会員サービス カテエネ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした