豊橋市自然史博物館のジオラマ
「どうして恐竜(きょうりゅう)がいたことがわかったか」って?
それは世界のあちこちで化石が見つかったからなんだ。化石というのは、昔の生き物が、すなやどろの中で固まったものだよ。
博物館に行くと、大きな恐竜(きょうりゅう)の骨(ほね)の化石や模型(もけい)があるから見にいってみるといいね。
恐竜(きょうりゅう)は、今から2億4500万年前から6500万年前の中生代とよばれる大昔に生きていたんだよ。
1億6000万年もの長い間生きていたんだからすごいことだよね。人間は地球に現(あらわ)れてから500万年。これとくらべてみても、とても長い時代を生きていたことがわかるね。
◆骨盤(こつばん)(こしの骨(ほね)の形)
恐竜(きょうりゅう)はトカゲやワニなどと同じハ虫類の仲間。そしてね、恐竜(きょうりゅう)は骨盤(こつばん)(こしの骨(ほね))の形で、大きく二つのグループ(竜盤目(りゅうばんもく)と鳥盤目(ちょうばんもく)に分かれるんだよ。目(もく)というのは、動物を分類するときのひとつの単位だよ。そしてこれらが、またいくつかのグループに分かれて、たくさんの種類が生まれたんだ。
◎二つのグループ
竜盤目(りゅうばんもく)
トカゲやワニににている骨盤(こつばん)をもつもの
ティラノサウルス ブラキオサウルスなど
鳥盤目(ちょうばんもく)
鳥ににている骨盤(こつばん)をもつもの
ステゴサウルス トリケラトプス など
◆足のつき方
それからね、トカゲやワニをよく見てごらん。体の横から足が4本のびているよね。
でも恐竜(きょうりゅう)の足は体からまっすぐ下にのびている。同じハ虫類の仲間だけれど、恐竜(きょうりゅう)はしっかりと体をささえて立つことができたんだ。それで大きな体でも動きやすかったんだね。動きやすいと食べ物もとりやすいよね。長くて大きなしっぽがあるのも、体のバランスをとるのに役立ったんだ。
◆肉食と草食
恐竜(きょうりゅう)は食べる物によって、肉食のものと、草食のものとに分かれるんだ。でも何でも食べるよくばりの恐竜(きょうりゅう)もいたらしいよ。
中生代は、三畳紀(さんじょうき)、ジュラ紀(き)、白亜紀(はくあき)の三つに分かれるよ。
→       中生代       →
三畳紀(さんじょうき)
2億4500万年前〜2億800万年前
ジュラ紀
2億800万年前〜1億4600万年前
白亜紀(はくあき)
1億4600万年前〜6500万年前
いちばん最初の恐竜(きょうりゅう)があらわれたのは、三畳紀(さんじょうき)の終わりごろで、体も小型だったということだよ。空気がかんそうしていて、あたたかい時代だったんだよ。植物は、シダ類、ソテツ、イチョウなどの裸子植物(らししょくぶつ)がはえていて、恐竜(きょうりゅう)のほかにも、いろいろなハ虫類が栄えていたよ。
恐竜(きょうりゅう)の種類もふえ
て、数も多くなるよ。むし暑くて広い陸地にはソテツやイチョウ、その下にはシダ類やトクサもたくさんはえていたから、植物を食べる恐竜(きょうりゅう)がふえて、巨大(きょだい)になっていったということだよ。そして、植物を食べる恐竜(きょうりゅう)を食べる肉食恐竜(にくしょくきょうりゅう)もふえたんだ。まるで恐竜(きょうりゅう)ランドだね。
気候にもめぐまれて、恐竜(きょうりゅう)をはじめとするハ虫類が大かつやくした時代だよ。大きなものから小さなもの、形もさまざま。住む場所も空や陸上、水中と広がった。だけど白亜紀(はくあき)の終わりになぜか恐竜(きょうりゅう)はいなくなってしまったんだよ。
いん石しょう突説
●大きないん石が地球にしょう突して、まいあがったちりによって、太陽の光が地上にとどかなくなり、恐竜(きょうりゅう)の食べる植物がなくなってしまったから。
恐竜(きょうりゅう)は今から6500万年前の、中生代白亜紀(はくあき)の終わりに、すべていなくなってしまったらしい。その原因(げんいん)については、いろいろな人が考えているところなんだよ。
その主なものをあげてみるね。
●恐竜(きょうりゅう)の体が大きくなりすぎたから。
●白亜紀(はくあき)に育った植物が、それまで食べていたものとちがって食べにくく、体に悪い成分をふくんでいたから。
●白伝染病(でんせんびょう)にかかったから。
●大きな火山がばく発して、恐竜(きょうりゅう)たちがいっぺんにほろんでしまうような、大量のよう岩が流れ出したから。
●寒くなって恐竜(きょうりゅう)の食べる植物がなくなったから。
●宇宙(うちゅう)からの強い光線(こうせん)で皮ふガンになったから。
そのほかにも、100以上もの考え方があるけれど、どれも100点満点の答えではないんだ。
最近では「いん石しょう突説」が注目されているよ。
中南米にとても大きないん石の落ちた穴(あな)が見つかったからなんだ。

恐竜(きょうりゅう)について調べることは、地球の歴史や生き物の進化を知ることにもつながるね。
恐竜(きょうりゅう)がほろんだなぞについて調べていくと、
「地球の今の環境(かんきょう)はだいじょうぶかな?」
「人間もいっしゅんにいなくなるのかな」っていろいろ考えられるよね。
恐竜(きょうりゅう)がほろんだなぞをつきとめるのは、未来の君たちかもしれないね。